--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文殊山

21:00

2011年4月10日晴れ

毎年、恒例になっている18切符花の山旅で福井県の文殊山(365m)に行ってきました。
昨年までは今庄の藤倉山に行っていたのですが、こちらの方が少し花の開花が早いようです。
JRの車窓から見える藤倉山の斜面は、まだ残雪に覆われていました。

さて、こちらの開花状況は?ですが、7日あたりから開花し始めたらしい。
18切符利用期限ぎりぎりの日曜は幸いにもお天気にも恵まれ、申し分ない花旅日和(^^)
電車なのでは、もちろん、おつまみにイカナゴとアオリイカの一夜干しも持っていこう。

まるで大人の遠足です~☆

大阪組2名・奈良組3名・神戸1名が敦賀行き快速に乗り合わせ、北陸線に乗り換えて北鯖江駅に10:36着。
駅から歩いて数分で北陸道の高架を潜り、橋立山コースの登山口に向かう。
登山口には酒清水という名水があり、地元の方が水を汲みに来られていました。

どちらから?奈良、大阪、神戸~(笑)きさくに声をかけてもらえて気持ちいいスタート。 
植林から雑木に変わってくると落葉床に春蘭があちこちに咲いている。
これが、ごく自然な里山の姿なんだなぁ。
 
  4m10monzyuyama-008.jpg


咲き始めた山桜の色が優しげ・・登りつめたら橋立山(216.3m)アベマキなどに囲まれた山頂です

4m10monzyuyama-021.jpg  4m10monzyuyama-033.jpg

主役のカタクリの出番前に目を惹かれた白と赤
オクチョウジザクラ?

4m10monzyuyama-042.jpg  4m10monzyuyama-158.jpg

進むにつれ、カタクリ街道に・・♪木々を仰いだり、しゃがみこんだり~なかなか進まない・・

4m10monzyuyama-163.jpg  4m10monzyuyama-192.jpg

緩々と歩を進めて、程なく奥の院(大汝山350.5m)・・正観世音菩薩が祀られています。

4m10monzyuyama-179.jpg  4m10monzyuyama-184.jpg

胎内くぐり・・・潜った後で説明板を読むと
4m10monzyuyama-188.jpg     4m10monzyuyama-190.jpg

登山道沿いにはベンチも設置されていて、花畑を眺めながらのお昼休憩をとる。が、いと美味しい~☆
まだまだ続くカタクリロード。。。もう満腹、大満足^_^

お昼頃には気温も上がってきて、花達はツンと反りかえっています。
文殊山(大文殊)に着くと、花まつりがおこなわれていて甘茶のおよばれ。
甘茶飴も・・・懐かしい甘さで美味しかったです。

山城跡からは北陸の山々の眺望がいいようですが、この日は霞がかかり白山がぼや~と見えただけ。
文殊支利菩薩が祀られている本堂にお参りして、下山にかかります。
地元の方から、旧道の方がいいよと教えてもらい、二上コース途中から左へ分かれる道を下山する。

4m10monzyuyama-135.jpg  4m10monzyuyama-227.jpg

  
4m10monzyuyama-226.jpg  4m10monzyuyama-243.jpg

こっちも凄い!一面のカタクリです。
4m10monzyuyama-253.jpg 

途中から半田コースへ・・・静かな、いい雰囲気の里山らしい道でした。林道沿いも色々な花が咲き、山肌に目を奪われながら里に降りる。

4m10monzyuyama-271.jpg  4m10monzyuyama-259.jpg

紅葉のような芽吹き色の奥に白山が♪
4m10monzyuyama-265.jpg 

トキワイカリソウとボタンネコノメ
4m10monzyuyama-214.jpg  4m10monzyuyama-269.jpg

初めて訪れた文殊山は、北陸の里山の素晴らしいところがギュッと詰まった山でした。
こんな裏山があったらいいなぁ(笑)

地元には、こんな言い伝えがあるそうです。

一回目は知恵を授かりに・・
2回目はお礼に・・三回以上いくと馬鹿になる・・

私は一回目なので知恵を授かったのかな(^^) 来年はお礼に行かなくっちゃ!

大人の遠足にご一緒していただいた皆さん、花の山旅とても楽しかったです。ありがとう

JR北鯖江-橋立山登山口-橋立山-文殊山-大文殊-JR大土呂駅
スポンサーサイト

上根来から百里ヶ岳

20:22

2010年12月5日晴れ
上根来~支尾根~825p~木地山峠~百里ヶ岳(931m)~根来坂峠~上根来

冬日和の休日、さて何処に行こうか・・・葉を落とした冬枯れのブナ林をぶらり歩きたい気分。
上根来から百里ヶ岳に登ってみよう。
若くして逝ってしまわれたYさんと、数年前に上根来から残雪の若狭駒ヶ岳に登ったなぁと想い出を偲びながら山の用意をする。

6時30分に我が家を出発。舞若道の篠山辺りから霧のなかを走る。
朝陽もぼや~っと霞みのなか・・・気温は1度。朝がたに冷え込んだ日はきっと好天気だ(^^)
ガソリンを給油したり、パンを買ったりしながらR27を右折、お水とりの鴨の瀬を左にみて遠敷川(おにゅうがわ)沿いを走り、最奥の上根来集落へ。

数年前と同じ、お墓の側に駐車する。少し戻った道沿いに道標が設置されているので取りつきがわかりやすい。
神社では地元の方が境内の掃除をされていた。挨拶を交わすと「熊に気を付けて」と^^;
慌てて熊鈴をザックに付けて、畑の間の道を通り山に入る。
 
▼神社近くから・・・ぽっこりした山は?        ▼植林帯の谷間を何度か渡渉した後、ここから斜面に取りつく。
12m5hyakuri-001.jpg 12m5hyakuri-006.jpg

斜面をジグザグに登り尾根に乗ると、そこは冬枯れのしっとりろ~ど♪

しばらく進むと、右方向に斜面をトラバース気味に木地山峠への道・・・この道が一般道なんですが、左手の尾根が何ともいい感じ。
地形図を見てみるとP825の稜線に繋がるようだ。30分ばかり遠回りになると思うが、ブナ混生林がおいでおいでしている尾根に誘われて左手に進む。

ついつい顔が緩んでしまうほど、素晴らしいブナ林が尾根を包みこんでいる。 樹林越しに見える両側の稜線がうねうねと拡がる景観が何ともいえない。
12m5hyakuri-009.jpg 12m5hyakuri-028.jpg

▼ふかふかの落葉床にはブナたちの縞模様、天を仰げば吸いこまれそうな青の空間に冬枯れ模様・・最高です(^_^)/
12m5hyakuri-035.jpg 12m5hyakuri-038.jpg

道無き尾根だが所々に赤×銀のテープがあり、安心して歩ける。
登りつめるほど、きつくなってくるので何度も立ち止まりながら、冬枯れ情景を満喫。
12m5hyakuri-039.jpg 12m5hyakuri-050.jpg

ふ~稜線はまだかいなと、ひと踏んばり登りつめると・・北東側にブナの大木が雄々しく枝を拡げ、「お疲れさん、ようお越し」と(笑)
もう、ここで充分と思うほど心地良い場所だ。しばらく森の熊さんみたいにウロウロ(^^)  10:25
12m5hyakuri-047.jpg 

稜線を戻ると桜谷山と木地山峠への道標がある。825P(桜谷山)を踏んだ後、木地山峠へと斜面を降りて行く。
山腹を廻りこむと植林と自然林が県境を隔てる高島トレイルにでる。
単調で緩やかな道を進んでいくと、地蔵仏が祀られている木地山峠に到着。ここで登ってきた尾根周辺を眺めながら小休止。
ここまで誰にも逢わなかったなぁ。。。熊さんにも^^;  10:45
12m5hyakuri-052.jpg 12m5hyakuri-057.jpg

▼百里ヶ岳へ            ▼開けた場所から東側の展望・・麻生川に落ちる谷と与助谷山~駒ヶ岳と連なる山塊
12m5hyakuri-060.jpg 12m5hyakuri-064.jpg

静寂そのものの山ん中だが、落葉の上に長く伸びる樹影と私の影が黒子のようにずっと連れ添ってくれる。
12m5hyakuri-070.jpg 

▼山頂直下の若いブナ林もいいね!太陽に向かって一登りで、ようやく山頂だ\(^o^)/お腹すいたぞ~。
12m5hyakuri-067.jpg 12m5hyakuri-077.jpg

▼百里ヶ岳山頂(931m)11:50               ▼根来坂峠へ
12m5hyakuri-078.jpg 12m5hyakuri-084.jpg

山頂では二組の先客がお昼休憩中。私を入れて5人だけの広々とした台地です。
風も無く穏やかな冬の陽射しを浴びながら昼食タイム。ごろんと寝っ転がりたくなるくらい気持ちいい。
北方向に三方の島々が、うっすら霞んで見え、東南側に比良山系~琵琶湖が木々の間から垣間見えた。

12:35 山頂から、一緒になった小浜から来られた小父さん達に若狭の山話を聞きながら、のんびりと根来坂峠へ・・ 

▼蛇谷ヶ峰~うっすらと琵琶湖の遠望             ▼北に双耳峰の青葉山
12m5hyakuri-085.jpg 12m5hyakuri-086.jpg

撮影場所の記憶が曖昧なので???ですが・・多分、小入谷への支尾根かと^^;
12m5hyakuri-095.jpg 

▼根来坂峠へと緩々と歩く                 ▼朽木と根来側との交差点、根来坂峠  13:45  
12m5hyakuri-105.jpg 12m5hyakuri-106.jpg

▼尾根道に進むと、おにゅう峠へ・・上根来へは右側の山腹道をいく  ▼振り返ると百里ヶ岳の姿
12m5hyakuri-109.jpg 12m5hyakuri-114.jpg

鯖街道と呼ばれる古い峠道は、戦国時代に家康もこの峠を越えて京都へ向かったと伝えられているそうです。
いにしえの時代から、若狭と京都側を繋ぎ、様々な人達が往来しただろう峠越えの道は、心休まるような情緒ある古道。
芽吹きのころ、紅葉のころにも歩いてみたいなと山への想いは尽きない。
12m5hyakuri-117.jpg 

足首まで埋まってしまうくらいのふっかふかの落葉道を小躍りするように歩く(^^)
12m5hyakuri-119.jpg 12m5hyakuri-124.jpg

▼池の地蔵と井戸 14:17  ▼林道出合14:21  小父さん達は、ここに軽トラを停めていました。お二人と別れた後、
                                  てくてくと林道をもう一か所の鯖街道取りつきへと歩く。
12m5hyakuri-125.jpg 12m5hyakuri-128.jpg

▼林道から見える稜線のシルエット     ▼眼下に下山地の上根来集落。奥に多田ヶ岳
12m5hyakuri-132.jpg 12m5hyakuri-138.jpg

しばらく林道を歩いていくとガードレールの間に山道(鯖街道)への道標があり、再び山んなかへ・・
ここもいいなぁ~。大岩の側に座って一休み。下山時まで、好天気なので時間を忘れてしまうほどだ。

▼優しげな樹林帯を緩やかに縫う掘りこまれた古道 ▼植林帯を抜けると鯖の形をした案内板のある車道にでる 15:03
12m5hyakuri-142.jpg 12m5hyakuri-158.jpg

今日は山も天気も最高だったなと心地良い余韻に浸りながら、車道を歩いて駐車地へと戻る。
後ろを振り返れば・・降りてきた鯖街道の山肌が西日に照らされてフィナーレを飾ってくれた(^_^)/~
12m5hyakuri-164.jpg




















平瀬道~白山~お池巡り

00:00

7m18hakusan101_3

■2010年7月18日晴

梅雨明け直後の好天気の3連休だが、いつもながら休みは日曜だけ・・・久しぶりに遠出しようかなと急遽、土曜の夜に出発して中国道~名神~東海北陸道(SAで仮眠)~大白川まで走る。

広い駐車場は満杯状態だが何とか隙間に停めることができた。簡単に朝食を済ませ5時30分に出発。早朝の爽やかな空気が気持ちいい。ブナ林をゆっくりゆっくり登っていく。

休みがてらに後方を振り返ると北アルプス連峰~御岳~乗鞍岳が一望♪ヤッホ~と叫びたいとこだがワァ~だけに^^;

緑と残雪との斑模様が青い空に映える別山への稜線を眺めながら歩く。

登るにつれ気温が高くなってくる・・・まだ体が暑さに慣れていないようだ。

7m18hakusan0127m18hakusan077 



 




大カンクラ雪渓のV字形の上に御前峰が見える。大倉尾根は右に御前峰と剣が峰。左に別山、眼下に三方崩山と白水湖と素晴らしい景観を眺めながら歩けるので長い登りもあまり苦にならない。

室堂が近くなるとハクサンコザクラや黒ユリの花畑に足が止まる。

室堂小屋周辺は凄い人・人!冷たいビールを買って御前峰へと進むがこの道が暑くて一番しんどかった^^;

☆大カンクラ雪渓と御前峰 ☆室堂平周辺のお花畑

7m18hakusan0987m18hakusan166



 






賑わう山頂を横目に東斜面に下りる。お気に入りの場所は花に囲まれた誰もいない特等席(^.^)

午前中より雲が多くなってきたようだ。雲に見え隠れする景観を楽しみながら食べるお味噌汁とお握りは極上の味♪

☆白山奥宮  ☆山頂付近から剣が峰~大汝峰~火口湖

7m18hakusan1877m18hakusan189 



 





今年は池周辺の残雪も結構あるので数年振りにお池巡りしようと近道の岩場を下りる。

北側から御前峰を見上げると荒々しい姿・・・剣が峰と御前峰の間で火口付近に立っているんだ\(^o^)/

 ☆油が池と御前峰  ☆大汝峰

7m18hakusan261_3 7m18hakusan275

ハクサンコザクラ、アオノツガザクラなどが池周辺に咲き誇り時間を気にしながらも、なかなか去りがたい。

火口湖の一つである翠ヶ池で室堂で買った[E:beer]を飲みながら一休み。。。至福のひと時♪

のんびりとしたいところだが14時を過ぎている。さぁ戻らなくっちゃ。。。

夕刻間近の陰影が濃くなった山の姿に、つい佇んでしまいながら大倉尾根~平瀬道を戻る。

今年も大好きな平瀬道~白山を歩くことができて感謝。

☆西日を浴びて輝くニッコウキスゲに見送られ下山する

7m18hakusan311



若狭駒が岳へ

22:56

福井と滋賀の県境に位置する駒が岳に行ってきました。
福井側では若狭駒と呼ばれています。滋賀側では朽木駒だったかな?
お互いに、おらっちの山(^-^)

山仲間との集合場所、熊川宿に着く頃には大雨が、、、あれま大雨、洪水注意報まで出てる。
でも皆の日頃の精進のおかげで歩き始める頃には雨も止み、青空が見えてきました(^^)

河内川沿いに白石神社跡、さらに林道を詰めて作業道らしき踏み跡がある杉林を登り、羊歯が生い茂る尾根にでる。

736~682~駒の越~森林公園と素晴らしいブナ混生林のなかを歩きます。
この山域のブナは古木のなかに若木も育っていて他の雑木とのバランスがとれているようです。
木々に囲まれて、ほお~っとした心もちに(^-^)

天気も雨後晴れ後小雨後曇りとめまぐるしく変わり、その度に変貌する目の前のシーンに立ち止まったり、振り返ったり・・・秋の気配が漂う若狭の山を、まったりと楽しんだ一日。
もう山頂はいいね~と、皆の思いは同じでした(大満足)

トリカブトと比良の山々
毬栗で秋模様
ブナの家族
森のなかの池・・・池のなかの森
幻想的なブナ
こぶこぶミズナラ
根っこもすごい!
茸いろいろ
鮮やかな赤色のタマゴタケ
カエンタケの幼菌
?な茸
秋の訪れを感じさせてくれるヤマジノホトトギス






平瀬道から白山へ

20:21

一ヶ月以上も登山靴を履いていません・・・標高500m界隈から高度をあげていないんです。
諸事情で今夏は高山は無理だなぁ~と思ってはいたのですが・・・。
まだまだ煩悩を捨てきれず・・・仕事の都合で日帰りしか無理なので木曽駒か白山なら行けるかな?
月曜夜20時、車に山道具を積んで中国道~名神~東海北陸道をひたすら走る。
行き先は平瀬から入る大白川キャンプ場。
荘川IC手前のSAで仮眠し、4時前にICを出て大白川へ(夜間割引利用)

朝食を食べ5時30分に出発です。
睡眠時間2時間くらいだったので、ぼ~っとしたまま一歩二歩~ゆっくり登っていく。
石川県側からと比べると、このコースは静かで優しげな樹林帯・・・高度を上げるにつれ体がしゃきっとしてくる(^^)

白水湖を見下ろしながらブナ、ダケカンバの森林帯で、ほっと一息。
それにしてもブナに負けじと大きく枝を広げているダケカンバの大木が見事!
ブナ、ダケカンバ、ナナカマド、オオカメノキなどが色づく錦秋の頃は、すごいだろうなぁ。

■コブ隆々ダケカンバと白水湖
■キヌガサソウ
終りかけでしたが今年も見ることができました。
■タカネナデシコ
避難小屋を過ぎたあたりから花が多くなり、あちこちで同じスタイルが(^^)
■タカネマツムシソウ
三の峰や別山道を思い出した花畑
■大倉尾根~室堂へ
カンクラ雪渓を過ぎると室堂はもうすぐですが・・・
ハクサンコザクラとクロユリの花畑に、しばし足止め。
■湿地ではコシジオウレンの小さな白い花が咲いている
室堂小屋周辺は平日なのに沢山の人達で大賑わい。
さすがに花の山、白山ですね。
ガスがかかっているが御前峰まで登ってこよう。
イワギキョウとハクサンフウロ、クルマユリが頂上まで誘導してくれる(^^)
■イワギキョウ
■ガスで何も見えない御前峰

若狭の山へ

11:25

5日、6日と福井県と滋賀県の境にある三国山~赤坂山、大御影山~大日岳と歩いてきました。
ぶな・ブナ~の新緑に囲まれ緑に染まってしまったような山の休日、、、最高♪

■5日:折戸谷~三国山~赤坂山~折戸谷
予報通り、昼頃から小雨が(ーー;)
でも、こんな天気ならではの山の風情が楽しめます(負け惜しみじゃないよ~)
ブナの葉も雫でしっとり、靄に浮かぶタムシバの白、雫を溜め込んだキンキマメザクラ
山の木々は、久しぶりの雨で緑が映え大喜びしているようでした。

■何が悲しいのかい?・・・泣いているように見える岩

■イカリソウ



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。