--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷の凍結は・・?

10:07

IMGP0927.jpg  今冬は冷え込みが緩いので地獄谷の沢の凍結はなかなか・・

 凍り具合を見に、ちょっこと散歩をしてきました。
 家を出るまでは寒さに心挫けるのですが山に入り歩くほどに体が温もってきます。
 エコ歩きです(^^)






■2014年1月15日
■裏六甲地獄谷途中まで
 

スポンサーサイト

タムシバ咲く地獄谷

10:18

2011年4月7日晴れ

天気が崩れる前か、今朝は風が強い。山肌をタムシバが彩りはじめたので地獄谷へ朝散歩に・・
Kさん達が地獄谷~西尾根を歩きに来られるというので出逢うかなぁ。
いつもの裏道でクロモジなどを撮りながら沢沿いを詰めていく。

水の音、芽吹きはじめた木々、藪椿の葉が陽光で輝き、遠目から見ると白い花が咲いているようだ。
空を見上げれば・・タムシバの白が青いキャンバスに映えて綺麗です。
上を向いて歩こう~♪
4m7zigokudani-043.jpg 


4m7zigokudani-056.jpg 4m7zigokudani-062.jpg 
 
4m7zigokudani-065.jpg 4m7zigokudani-022.jpg


ハート形の雲(^o^)
4m7zigokudani-066.jpg


時間をみて戻っていると大滝の上部でKさん達と出逢う。ようこそ裏六甲へ(^^)
ご一緒できたらいいのですが、残念ながら仕事です(-_-)
皆さんと別れて、雑木林に春蘭の咲き具合をみにいくが・・・あれ?昨年までの株がほとんど無くなっている・・
また難を逃れた株を探しましょう。

里山徘徊の季節が巡ってきました。



3月に歩く場所

22:50

いつも実家から帰神すると、しばらく運転拒否症候群のように・・^^;
体も心も重いので、ぶらっと歩いてこようか。
コショウの木の花は咲いてるかなぁ・・と、春になると歩く山道に入る。

昔の隠し田のような平坦地に灌木が茂った場所がいくつもある里山のなかを歩く。
こんな場所でも、いつの頃からか真新しいビニールテープが付けられている・・・物好きがいるもんだ(笑)

こんな雑木のなかを抜けて
urayama 
何処から取りつけるのかな?と、毎年気になっている山を眺め・・

urayama


昔から変わらない場所を通り・・
urayama

丹生連山を眺め・・
urayama

いつもの場所に着くと・・まだ蕾ばかり。
一枝だけ開花していた。昨年も同じ花を撮ったような^^; この枝だけ一番早く咲くみたいですね。
urayama


帰りは、谷の入り口でコーヒータイム。2時間ほどでも山に入ると、ちょっとスッキリ♪

tani

どっさり雪の地獄谷

17:29

2011年2月16日晴れ

久しぶりの青空・・・ちょっと朝の裏山散歩に地獄谷へ。
谷に入ると月曜の雪が山んなかを真っ白に雪化粧。ふっかふか♪
今冬一番の積雪量です。

岩もすっかり雪で埋もれてもこもこ、長靴でズボズボと踏み抜いて歩くのが気持ちいい(^^)
キラキラと頭上から雪シャワーが降り注ぐ。
2m16zigokudani-055.jpg 2m16zigokudani-069.jpg
2m16zigokudani-016.jpg 2m16zigokudani-033.jpg
2m16zigokudani-076.jpg 2m16zigokudani-046.jpg

谷で一番大きなマンサクの木を見上げれば~青空~♪このまま詰めていきたいがタイムアウト。恨めしげに空を眺めながら戻る。

2m16zigokudani-050.jpg

雪と凍結の地獄谷

10:48

2011年1月17日晴れ

阪神大震災から16年・・・今朝も、あの日と同じように冷え込んでいます。
ガスも電気も水道もストップしたなか、不安と寒さで過ごした日々を思い起こしながら外を見ると・・
雪がうっすら積っています。

地獄谷は綺麗だろうなぁ。。。雪に誘われて、仕事前のちょこっと歩きに(^.^)
時間がないが大滝あたりまで行けるかな? 氷を踏み抜くかもと長靴履いて~

この雪が昨日だったらよかったのにって、勝手なことを思いながら山に入ると・・・綺麗です(^_^)/
が、凍った上を雪が覆っているので気を付けないと、ツルっと滑ります。
足場に注意しながら、雪と凍結の谷をぶらぶら

                                ■凍結した地獄谷■

    ▼西尾根斜面の松林も見事に変身            ▼5*kgの私が乗っても(^^)v スケートリンクです
1m16momizidani-112.jpg 1m16momizidani-117.jpg

     沢も大滝もよく凍って、氷の谷に・・
1m16momizidani-121.jpg 1m16momizidani-129.jpg

                                  氷と雪の紋様
1m16momizidani-135.jpg 
1m16momizidani-138.jpg 1m16momizidani-140.jpg

凍った沢を雪が覆い、一番好きな冬の谷風景になっていた。このまま詰めていきたいなぁ~~が、時間切れ。とぼとぼと戻る
1m16momizidani-137.jpg

地獄谷散歩

19:30

お正月モードで、すっかり緩んだ心と体、そろそろ戻さないとと地獄谷へ・・
風も無く穏やかな天気だが谷に入ると数日前の雪が、しっかり残っている。

昨年末に来た時と微妙に雰囲気が違うように感じるのは天気と雪の加減かな~?

▼堰堤のところも雪があると綺麗だ(^^)          ▼氷結が緩くなってきている。

1m4zigokudani-005.jpg 1m4zigokudani-031.jpg

1m4zigokudani-029.jpg 

シャーベット状の雪で作った雪うさぎ♪もうソヨゴの実も終わりですね。
1m4zigokudani-043.jpg




野瀬大杣池周辺徘徊

09:15

■2010年11月7日雨/曇り
今朝は地域の大溝掃除の日、時雨れるなか終わったのが10時過ぎ・・・腰が痛い。。。
昼近くなってくると青い空が覗くようになったので、ちょっと近場をウロウロしてこよう。
淡河(おうご)まで走り、野瀬大杣池の方に向かいます。

歩きやすい道の周りはカマツカ・タカノツメなどが、いい色に色づいてきている。
今年の低山の黄紅葉は期待できそうですね。

▼色付きはじめた雑木          ▼野瀬大杣池 :この池の色はいつも入浴剤のような色。リンが強いのかな?                      
紅葉始まる 野瀬大杣池
池の横手から、昨年と同じ場所に入るが記憶があやふや・・・ここだったかなと記憶を探りながら進むが、やっぱり昨年と同じ場所で道を失う^_^;
多分、斜面を下りていくと鳴川上部に出ると思うのですが・・・
カマツカ、タカノツメ

帰路に火伏の神様を祀られている愛宕神社に立ち寄る。
愛宕神社 看板

ひっそりとした空間に・・・小さな千振の花がぽつぽつと咲いていました。
千振 千振

車道から・・淡河の長閑な田園風景

田んぼ風景


ぶらりと遊ぶ雑木林

19:11

2010年3月23日
春めいてくると、ぶらっと散歩が気持ちいい季節ですね。
ここ数日の雨で地獄谷の水嵩が多いので、我が家から一番近い雑木林へと。
仕事に行くまでの小一時間ですが、お日様を浴びながら里山風情いっぱいの雑木林を歩くとスッキリしてシャキっとするから不思議です(^.^) 

今日は違う場所を下ってみよう~と急斜面を下りると見覚えのある畑の場所に出た。
ささいな発見が嬉しくもあり面白い♪

山麓の紅葉

23:19

2009年11月中旬
我が家から車で20分ばかりの場所ですが、楓紅葉の頃は静かな境内が、いい風情です。
買い物帰りにちょっと山麓散歩で紅葉巡り。
淡河にて

有馬にて



クロカワは?

15:07

11月4日晴れ
例年なら、そろそろクロカワが出ているころ
久しぶりの裏山茸徘徊です。

昨年、数本収穫した場所を探すが・・・ありません。
同じ山域のマツタケ山も早、ロープを撤去している。

残念!ぶらぶらと色づき始めた雑木林を通って我が家に戻る。

★小さなタカノツメの黄葉

先日の寒波でタカノツメの葉が痛んで茶色になっている。
早くも落葉した葉が多く登山道はほのかに香ばしい匂い。

小さな幼木がいい色


















花たちが、めっきり少なくなった雑木の林床に
ポツンと小さなツルリンドウの紅い実が一つ。

柔らかな晩秋の木漏れ日







茸は不作

19:15

 今年は雨が少ないせいか毒茸も食茸も少ないようです。
ぶらっと小一時間茸コースを歩いたのですが・・・
乾燥気味のアミタケが数本だけ・・・このまま保存できそう~
★アミタケ
いい出汁がでる茸です。
大豆と一緒に煮たりします。











カマツカの葉が色づいてきている。コウヤボウキも桃色が濃くなってきた。




フサフジウツギにツマグロヒョウモンの♀が飛び交う。綺麗な豹模様ですね










秋空

21:01

2009年 9月21日(月)晴れ
東尾根

澄み切った青い空と白い雲・・・山に入りたいなぁ。。。仕事です(-_-)
ちょこっとだけ山の空気を味わいに行ってこよう
カメラだけ持って地獄谷へと

堰堤のところから見る東尾根の一本松と秋空


小さい秋を見つけに・・・

11:59

9月10日
気持ちいい秋空に誘われて仕事前のぶらり散歩に・・・。
ツルニンジンはまだ小さな風船のような蕾。
ツルリンドウ蕾が地面を這っているので木の枝に巻きつけよう~

アオツヅラフジ
ヤブマメ
ヤマブドウの実
ミイミイゼミの抜けがらみたいだけど何か変?脱皮できなかったのかな?
ナツハゼの実
おや!綺麗な虫・・・ハンミョウです♪
班猫という名前は背中の班紋と仕草が猫に似ていることから
英語ではtigerbeetie(虎のような甲虫)
こんなに小さくて綺麗なのに獰猛で狩りの名人だそうです。

3月30日 コボも一緒に

11:38

今日から10日振りに仕事です。
また、いつもの生活に戻り、いつもの仕事前の散歩に^_^
カメラを持って出ようとしたらコボが玄関で待ってる。行くのん?

一緒に近くの雑木林に入ります。
1週間前に蕾だった春ランが咲いてるかなと思ったのですが、この寒さで一休みのよう。

例年、他の木より逸早く開花するコバノミツバツツジの一本が今年も早や鮮やかな花を咲かせています。

キブシの花

石楠花谷の沢
堰堤工事をしているからでしょうか?
入口の沢は、こんな風に色わかれしていました。



冬模様の裏山

09:58

いつものぶらっと散歩も久しぶり。
今朝は冬の陽射しが暖かいので、ちょこっと地獄谷に入ってきました。
仕事に出るまでの小一時間なので堰堤まで往復。

雑木はすっかり葉を落とし、落ち葉を踏み踏み歩くと香ばしい匂いが漂う。
なんか、ほっとする。

落ち葉道
東尾根と青い空
琥珀色の宝石

いつもの雑木林へ

21:12

コボと小一時間散歩に。
仕事前に歩くのにちょうどいい小さな雑木林はタカノツメ、クヌギなどで黄色の山になってます。
落ち葉もふかふかになってきて気持ちいい。

ツルアリドオシの小群落があるので見に行ってみると・・・
落ち葉に隠れるように小さな赤い実。

ツルアリドオシの実とツチグリ
花の痕がちゃんと二つ
晩秋の木漏れ日は優しげ
小さなタカノツメが輝く
この後、溜池直下に降りたのですが、途中で藪こぎ。
私は葉っぱまみれ、コボはダニのお土産つき^_^;

紅葉に誘われて

20:58

昨日は休みなのに雨・・・今日は仕事なのに晴れ。
日毎に木々の紅葉が色濃くなっている雑木林にコボと散歩に。

タカノツメ、リョウブ、クヌギが多いので黄色~橙色が常緑樹のなかで鮮やか。









コボ14歳。山に入っても行動範囲が狭くなりました。



貸農園の場所に出ると畑仕事中の小父さんが話しかけてきた。
昭和一桁の生まれで、お酒が大好きな豪快な小父さん。古くから住んでる方から話を聞くと面白いです。

そんな私も裏六甲山麓に住んで30年になった。裏六甲へのいくつかの登り口も変貌しました。
ずっと変わってないのは何かなぁ~?この溜池(笑)

コボと雑木林へ

23:37

今日もいい天気♪
仕事にいくまでに秋の木漏れ日の中を歩いてこよう~

コボも一緒に行きたそうなので、いつもの散歩山に入る。
コウヤボウキの花がそよと揺れている。
センブリはまだ蕾。

写真を撮っている間は、コボはあっちこっちとウロウロ。

近くにいないときは呼ぶのだが、、、もう年なので耳が聞こえない。
でも好きな山に入ると体が弾んでるようです(^^)

この雑木林もタカノツメやクヌギが色づき、もうすぐ秋色になります。

■人面蜘蛛?ちょっとボケてますが・・・
■コウヤボウキ
■14歳のコボ・・・睫毛も髭も白くなりました。
ちゃんと後ろから来ているか時々振り返ります。

帰宅後は気持ちよさげにZZZZ。ええなぁ~~(ボソ)

キッコウハグマは?が茸採りに

22:55

今朝はキッコウハグマが咲いてるかな?と見に行ったのですが・・・
残念~開花してません。

野紺菊を撮ったりしながら、なぜか足が茸の場所へ(^^ゞ
松の木の根元から、ちょこっと顔を覗かしたクロカワ。
まだ幼菌なので採ろうか、もう少し大きくなるのを待とうかと悩むなあ。。。

■クロカワ(焼くとほろ苦い)
■野紺菊
■今日の散歩道
サクラシメジとアミタケをゲット♪
■澄みきった空色のツルリンドウが咲いていた。

朝方はどんより曇っていた空も、だんだん晴れてきたよう。
さあ~仕事に行かなくっちゃ。。。裏六甲を眺めては溜息。。。





 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。