--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石峯寺の紅葉

18:06

IMGP9799.jpg  神戸北区の古刹に紅葉を愛でに行ってきました。

 紅葉の季節なると京都などは凄い人出になるようですが、ここは、とてもいい風情で静かに紅葉を楽しむことができるので毎年、訪れています。

 色とりどりのモミジが静かな境内を彩る趣は、あぁ日本っていいなぁと感じさせてくれます。

 毎年、同じ場所で撮影していると変わり映えのない写真ばかりになってしまいますが・・(^^ゞ


2013年11月23日
 

神戸市北区淡河 石峯寺
スポンサーサイト

森林植物園の紅葉

16:39

IMGP9692.jpg  今週に入ってから周囲の山肌の色付きがよくなってきました。  

  今日は穏やかな小春日和です。気持ち的には炭が谷から歩いて森林植物園コースだったのですが・・ 
 いつもながら愚図ぐずしているうちに11時。結局、車で15分ばかり走っていくことに。。 
  あい変わらずの遅いスタートでしたが、まったりと紅葉散策を楽しんできました。



2013年11月22日(金)

春の南紀・・・海の幸

18:49

4m10nanki-011.jpg 
  4月上旬に1週間ほど南紀の実家に帰省していました。

  こちらは裏六甲より半月くらい春が進んでいるようです。

  農作業補助と家事に追われるなか、ちょっと息抜きに海へ・・

  ここでも長靴の出番です(^^)




ちょうど大潮の時期なので干潮時間にあわせて春の海の幸「亀の手」を採るために潮が引いた岩場をピョンピョンと岩から岩へと渡って「ここのは大きくて美味しい」と父がいう穴場の場所へと。




石峯寺の紅葉

16:20

淡河の石峯寺の紅葉は?と買い物帰りに立ち寄ってきました。

丹生連山の西側に拡がる農村風景に溶けこむように建つ古刹で、静かな境内を彩る楓紅葉を楽しみに毎年、足を運んでいます。

人ひと人で溢れる京都までいかなくても、ここで充分大満足と地元贔屓などを・・(^^)

2011年11月23日撮影

石峯寺の紅葉   ■石峯寺について

11m23syakubuzi.jpg

11m23syakubuzi2.jpg 

11m23syakubuzi3.jpg 11m23syakubuzi4.jpg

11m23syakubuzi5.jpg

大雪の山麓

17:52

昨晩は一日降り続いた雪で仕事から我が家に帰宅するまで4時間30分もかかってしまいました。
R428は全く車が進まず大渋滞、西廻りでと方向転換するが、ここも入った途端にストップ・・動かない(>_<)
積雪の多い北に向かう道は、何処もマヒ状態です。

六甲越えで帰ろうかと思ったが、新神戸トンネルの方が安心かもと東へと方向転換する。
が、スムーズに走れたのは3kくらい、またもや前に進まなくなった。
5時にトンネル入って、やっと抜けたのは7時30分。。。やれやれ

やっと我が家に着くと、今冬最高の積雪です。庭木がモンスターだ(^^)

15日のご近所風景です。 奥は丹生連山

2m15setubunso-002.jpg

海の日の出と落日

16:41

12日から南紀に帰省してきました。
湾岸道を走り、阪和道の有田ICを降りR424を日高川沿いに南下します。
途中の寄り道は・・・「どんどん広場」で美味しいミカンを買い、 龍神スカイラインから護摩壇山に行ってみようと途中まで走ったが吹雪になってきたのでUターン。 龍神温泉で雪が降るなか露天風呂に入り、ほ~っとあったまる。

南紀での数日間は裏六甲の我が家周辺に比べると春のような暖かさ・・・冬枯れの山もなく緑が濃い。
冬の海色は夏と違い深く重い色。どちらかというと冬の海が好きかも。。。

14日の早朝、海霧と日の出を見たくて車を走らす。
日の出時刻に間に合ったが、海沿いにはズラ~っとカメラマンの姿が並んでいる。
寒いなか待つこと数分・・・水平線のあたりが染まってきましたよ♪

でも海霧は発生してません。しばらくして朝日が雲の上から光輝くころに、うっすらと湯気のような海霧が・・♪

日の出 

日の出 

14日の夕日です。
落日










森林植物園の紅葉

20:02

■2010年11月21日晴れ
地獄谷から穂高湖~ツエンティクロス経由で森林植物園に立ち寄ってきました(通り抜けたというのかも)
14時過ぎに入園したのですが、休日の好天気と重なって人・人・人で溢れています。
園内の楓林は午後の陽ざしを浴びて、赤・黄と色鮮やか!

綺麗ね~♪あちこちで感嘆の声が飛び交う六甲山中の錦秋の空間・・・六甲の11月を彩る風物詩。
やっぱり今年も園内の同じ場所で変わり映えのない写真を・・^^;
紅葉紅葉 

紅葉 紅葉
紅葉 紅葉

紅葉

紅葉 

可愛いモデル

長谷池

石峯寺の紅葉

19:28

■2010年11月16日
冷え込んでいるがお天気のいい仕事休みの今日・・・実家に帰省する準備で山にいけない。
あの道、あの林と裏六甲の秋色がちらちらと頭をよぎるが、来週の楽しみにしよう。

吉川まで新米を買いにいくがてら石峯寺に立ち寄ってみた。
境内には楓が多く、紅葉の季節は淡河の古刹も京都に負けてません(^^)

見頃にはちょっと早かったかな・・・周囲の丹生連山もいい色になってきています。
これから寒い冬がくるまで低山の黄紅葉が楽しめますね。

11m16syakubuzi-007.jpg
11m16syakubuzi-008.jpg 11m16syakubuzi-032.jpg

11m16syakubuzi-022.jpg 
11m16syakubuzi-048.jpg


■南紀にて

16:56

7m21nanki022



■2010年7月21日~23日晴れ


今回の帰省は娘夫婦とワンコ一匹が一緒でした。


暑いので早朝に出発し湾岸道路~阪和道~有田ICで降りて、日高川~熊野川沿いを南下します。熊野本宮と滝の拝に寄り道したのですが・・・暑かった~(-_-)


南紀にて

15:17

■2010年1月8日
6日から南紀の実家に帰省していました。
こちらは真冬というのを忘れそうなくらい暖かいです・・・と、思っているのは私だけのようで皆は寒い~と(笑)

8日に早起きして荒船海岸まで・・・こんな早うから何処いくん?と言われながら家を出ます。
今まで数回、帰省する度に見に行ったのですが、なかなかタイミングよく海霧が発生してくれませんでした。さて今日はどうかな~?

古座辺りにくると、海面に霧が発生している♪三度目の何とかで期待が膨らむ。
荒船海岸に日の出前に着く。いつもながらカメラマンがズラ~っと並んでいます。
海霧発生!なんと幻想的なんだろう~。
ファインダーを覗きながら、綺麗。。。凄い!。。。と何度も呟く。

雲間から差し込む朝陽で乳白色から鮮やかな色へと変わる様に目が釘付けです。

■真冬の自然現象・・・海霧

数十分後、太陽も高くなり明るくなってきました。
素晴らしいシーンを見て、ほこほことした気持ちになって帰る道すがらにも、こんな光景が拡がっていました。

車を何処に停めようと探しながら走り、何とか駐車できる場所を見つけて車道越しにパチリ^^;
いいタイミングで漁船が一艘。

■冬の朝



生石ヶ峰

21:47

 2009年10月30日(金)晴れ

今日は神戸に戻る日。
8時過ぎに実家を出発し、娘が寄っていきたいという熊野速玉大社と本宮大社に寄り道しながら
生石高原まで走ります。
 熊野速玉大社                             本宮大社

★生石高原の芒の原
 














熊野川~日高川沿いを走り、清水から生石高原まで・・・しんど~


駐車場に着くと15時30分。
ぶらり小一時間ほどの高原散歩でしたが、秋の夕日に白波のように輝く芒の原は、この時間ならではの風情でした。





昼下がりの公園にて

19:50

10月13日(火)

ぶらりと公園周辺を散歩した後、池畔のベンチでコーヒータイム。
鴨さんたちはzzzz・・・・長閑な光景です。

しばらくすると・・・・(^.^)
 



 


 


 
 

秋風に誘われて遥か西へと

12:01

9月5日・・・秋吉台へ
遥か西からの花便りが秋風に乗ってくると気持ちは雄大なカルスト台地に飛んでいっちゃいました。

そして西へ西へと1000円高速の恩恵にあやかって花旅に^_^
素敵な花追い人達のおかげで雄大な自然に抱かれるように咲く初秋の花にたくさん出逢えることができました。

日本三大カルスト台地の一つである秋吉台




南紀の川で水遊び

23:38

今年は仕事などの都合でお盆を過ぎてから帰省しました。

2歳11ヵ月と4ヵ月のチビ達も一緒に帰ったので大変~(-_-)
やっと一日だけ川遊びに・・・。




3月26日 ずっと気になっていた場所

19:48

帰省する度に何度も通る42号線沿いから見える気になる湿原帯があります。
いつも運転しながら「ここ、いいなぁ~」と走り抜けるだけで、今まで人の姿を見かけることもなく
何処から入れるのだろうか?道は?入っていいのかな?などと思いを巡らせていたのですが・・・

今回、42号線から湿原に降りれる場所があることに気が付きました。
早速、道沿いのパーキングゾーンに駐車して初めて入ってみると、立派な遊歩道が湿原沿いに延びています。

柳の新緑の奥をJR紀勢線が通り「くろしお号」がおもちゃのように見える。
ガマの枯穂と柳の新緑とが何ともいえない雰囲気を醸し出しています。
海と山との間に、こんなに広い素朴な湿原が現存していることに嬉しくなり、後数日たつと色合いが変わるだろう春色の景色を眺める。

道路と遊歩道を隔てる土手沿いにはアケビの花が咲き、ムべも蕾を付けていました。
カエルの鳴き声を聞きながら花と向き合う好きな時間^_^


3月25日 春の南紀

00:17

今日から南紀に帰省。
今回も有田ICを降りて地道をのんびりと走ります。
日高川~熊野川沿いもすっかり春景色。川沿いの桜が満開!
花見運転です(あぶないなあ~)

ちょっと寄り道は湯の峰温泉へ。
山間の古い温泉地はかすかに硫黄の匂いが立ち込めている。
くすり湯で温もった後、温泉卵を茹でる(5個200円)

ぶらぶらと散策すると蓮華やタンポポ、エンゴサクと道端の花も春。

湯の峰温泉

道路沿いの土手にアマナが咲いていました。


2月17日 南紀にて

22:31

16日早朝に南紀に帰省がてら法師山に登ろうかなと思っていたのですが・・・
朝、起きてみたら久しぶりの積雪です。寒い~。
そんなこんなで愚図愚図していて昼過ぎに出発することになりました。

山は・・・次回にお預け^_^;

17日少し冷え込む朝なので海霧に期待して日の出時刻に間に合うように撮影ポイントに行くと
早や沢山のカメラマン達が並んでいました。
残念ながら海霧も発生せず日の出も雲の中から・・・冷え込む冬の幻想的な自然現象を一度見てみたい。



19日帰神の道すがら

風が強いので波が高いです。
ちょっと車を停めて岩場に打ち寄せる波濤を撮ってみました。
風が強いので、か細い体がぐらっと揺れて後で画像を見ると地平線が斜めに^_^;

まるで雪のように見えた波濤




車まで戻るとノラちゃんが車の横で風をよけて日向ぼっこ^_^
私もちょっと一休み。



龍神温泉から日高川沿いを走っているときに見た山の落日。




18切符で城崎温泉へ

10:16

山仲間と18切符で城崎温泉に行ってきました。
今日は山には登らないんだけど三人とも山歩きスタイル^_^一番楽ちんだもんね。
三田駅8:03に乗車し、福知山乗換で城崎着11:28
車窓から雪景色を眺めながらゴトンゴトンと揺られていると、すごく遠くに来たような感じ。
いつも車なので電車でのんびりもいいもんです。

長~い電車での日帰り温泉旅行・・・城崎温泉滞在時間は5時間ほどでしたが
まったりと温泉で温もり、よく喋って食べて飲んでと、いっぱい楽しめた一日でした。

車窓からの雪景色
城崎温泉駅前   足湯場も立派ですね
蟹、かに、カニ
温泉街(奥に来日岳)
いくつかある温泉のなかで、ここに入りました。
温泉卵(一個¥100)
元湯
帰路の城崎駅ホーム





冬の南紀へ

09:41

2か月振りに南紀に帰省してきました。
今回は三日間の滞在だったのですが、帰る日の夕刻にやっとカメラの出番。
この日の日の入りは17:05。

車で数分の夕日スポットに着くと・・・大勢の方が三脚を並べて待っています。
何でも聞きたがる関西のおばちゃん(^^ゞ隣の小父さんに聞いてみると
大阪からツアーで来たらしいよ。。。と
色んなツアーがあるんですね。

数十人が並んでいても静かです。
時々、鳶が頭上を舞い、茜色に輝いている海面を船が通ります。

■海の夕日










南紀へ

12:02

南紀の実家に3日から6日まで帰省してきました。

3日は有田ICで降り、熊野川沿いに地道を走り中辺路周りで。
ちょうど夕刻の日の入り前だったので水平線に沈む夕日を、眺めることができました。

この海辺で育ったのに、こんな風に夕日を眺めることってあまり無かったような^_^;

16時33分
16時43分 茜色が滲みだす
16 時44分

ほんの数分間の黄昏時のシーンに目が離せませんでした。



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。