--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏谷~逢が山

12:24

8m30-1316.jpg そろそろ初秋の花が咲きはじめた頃かなと久しぶりに真面目に歩くつもりで家を出る。

 大雨後の仏谷も荒れているだろうと予測して入るが・・

 堰堤から先が土砂と倒木で埋まってしまい、谷筋が様変わりしていた。

 仏谷ではなく地獄谷のようだ。







■2014年8月30日/晴/単独

■仏谷~仏谷峠~逢が山


スポンサーサイト

涼を求めて・・

15:30

7m16s-9769.jpg

 蒸し暑い日が続きます・・・シャキっとしない体を持て余す今日この頃

 ちょっと活を入れ家を出て山に入れば沸々とエネチャージできるのですが・・

 で、長靴履いて谷筋をぶら~り。

 瀬音を聞きながら水の流れを眺めていると何と気持ちいいこと♪

 涼感たっぷりの裏六甲の谷です。



■2014年7月16日晴れ/単独

■裏六甲逢山峡周辺

裏六甲にひっそりと咲く石楠花に逢いに・・

22:13

一昔前までは、5月に裏六甲界隈を歩けば石楠花の花を見ることもあったと聞くが今は遠い昔話になっている。

数年前に生き残りの貴重な石楠花が一本ありますよと聞き、何度か探してみたが見つけられないままになっていた。

が、やっと六甲の山&花仲間の案内で綺麗な花を誇らしげに咲かしている石楠花の古木の傍に行きつくことができました。

風薫る5月・・・裏六甲の谷も尾根も新緑溢れるいい季節になりました。

■2014 年5月4日 晴れ 4名

■裏六甲
IMGP0723_20140528224119fcf.jpg IMGP0724.jpg

IMGP0727.jpg IMGP0733.jpg


IMGP0735.jpg

IMGP0751.jpg



雪の地獄谷

18:17

IMGP1460.jpg  昨日は夕刻にやっと雪が止んだので雪掻き作業に追われた。

 本日は、雪掻き腰痛のリハビリに雪で覆われた地獄谷へと・・

 いつものごとくスタートが遅かったので新雪一番乗りは叶わず。

 真っ白な雪に覆われた谷はとても新鮮に目に映り、新雪を踏む感覚が心地よい。




■2014年2月9日 曇り/晴/雪/ 単独
■我が家-地獄谷-ノースロード-ダイヤモンドポイント(昼食)-往路を戻る
 

恒例のご来光登山

20:41

IMGP0352.jpg 
  毎年恒例になっている新年ご来光登山。
 雨予報ではない限り、曇りでも登ります。
 早朝(寝不足)5時過ぎに我が家を出発し真っ暗なシュライン道をヘッドランプ点けて・・・ 
雪が積もっていると足元は明るいのですが今日は数日前の雪がうっすらだけ。

 




■2014年1月1日曇り/晴れ/ 2名

■我が家~シュライン道~ガーデンテラス~紅葉谷~有馬温泉~我が家


霧氷に誘われpart2

17:25

IMGP0327.jpg  昨日(22日)は霧氷が綺麗な稜線を外したコースだったので少し心残りが・・・

 今年の歩き納めにと今日はコースを変え友人を誘って、再度裏六甲です。
 紅葉谷に入ると雪がよく踏まれてカチコチ。
 昨日は大勢の人が歩いたのだろう。
 七曲の滝へと数人が行かれているが今日はパス。
 氷瀑は来年の厳冬期の楽しみにしましょう。





■2013年12月22日(日)/晴れ時々曇り/2名

■有馬温泉~紅葉谷~仏谷~我が家



霧氷に誘われ裏六甲

19:45

IMGP0293ss.jpg  しばらく山を歩いていないので、ぶらっと近場の裏六甲へ・・お天気もよく山日和です。
  逢が山から登ろうかと思っていたのですが鈍っているので仏谷から・・
  進むにつれ周囲の木々が霧氷で冬化粧♪
  途端に足どり軽くなる(^^)
 久しぶりの裏六甲・・綺麗な冬景色でお出迎えです。








■2013年12月22日晴れ /単独
■我が家ー東山橋―仏谷―仏谷峠―高尾山―湯槽谷山―灰形山―妙見寺―有馬温泉
 

 

晩秋の裏六甲

20:38

IMGP9987.jpg
 11月も終わりになると落葉した木が多くなり、地獄谷も空の面積が広くなり明るく感じる。

 落葉したタカノツメが水辺の岩を覆う様に季節の移ろいをしみじみと感じる。 

  足元にもタカノツメの絨毯・・・香ばしい匂いが微かに漂う。
  この匂いを嗅ぐと、いつも深呼吸してしまうくらい好きな匂いです。
  ゆく秋を偲ぶように緩々と谷を詰めていく裏六甲ぶらり歩き。  




■2013年11月30日晴れ/単独

■我が家~地獄谷~シュライン道~逢山峽~東山橋~我が家

黄葉彩る雑木林

19:53

IMGP9882.jpg  小春日和に誘われて、ぶらりと裏六甲山麓の里山へ・・

 
 コナラやタカノツメなどの黄葉が今が見頃!

 
 山ん中に入り込むと黄・橙色が周囲を覆う。

  
 綺麗なぁ~♪

 
 一番、身近な遊び場の黄葉がことっと琴線に触れ、体の奥深く染みいってくるようです(^^)




2013年11月24日 裏六甲山麓

地獄谷~西尾根

11:55

IMGP7199.jpg  久しぶりに地獄谷を歩いてきました。
 
 まだ水沿いが気持ちよく感じる気候ですが、山に入ると夏の終わりを感じられます。
 
 谷は落石や倒木で様相が変わった場所が何箇所もできている。

 崖上には今にも崩れそうな脆い岩があるので要注意ですが、渡渉の多い谷筋はついつい足元の方に気をとられがちですね。

 草花は少ないなかでシコクママコナがまだ咲いていました。




■2013年9月11日 晴れ/曇り 単独

■大池地獄谷~ダイヤモンドポイント~西尾根
 

 

水無滝

11:32

7m28hotokedani-040.jpg  二年越しの探し物をしに裏六甲の谷~谷を歩いてきました。

 コースの中間地点にある水無滝は名前通り、いつも水が少ないのですが、今年は特に雨が降らないので水が滴り落ちているだけ。

 でも、ここは暑さを忘れる涼感スポット。涼しいので昼食場所にはもってこいです。

 しばらく涼んだあとは目的の探し物・・・やっと見つけました♪ 
 ひっそりと二本。こんな場所にと思う場所に咲いていました。

 
帰路は抜け道~抜け道を通って東山橋近くの駐車地に戻り、本日の裏山歩き終了~!

暑かったけど山で流す汗は気持ちよい

■2013年7月28日 晴れ 単独

■東山橋-仏谷-仏谷峠-水無峠-水無谷-水無滝-深戸谷-風呂谷抜け道-専念寺裏道-東山橋 

地獄谷~森林植物園

10:36

2m17zigokudani-005.jpg  昨夜からの雪がうっすらと積もっているので、いそいそと山支度。
 
 久しぶりに森林植物園まで歩こうと思ったので、いつもより家を早くでたつもりだが、
  それでも10時前。。。

 堰堤場所も何とか通れるが凍っていてツルツル。

 途中から戻ったのかな・・足跡が渡渉場所で折り返していたので ここから先は私だけ(^^)



■2013年2月17日晴れ/曇り/雪

■単独

■地獄谷~三国池~穂高湖~シェール道~森林植物園

うっすらと雪化粧の地獄谷

01:04

1m26nanki2-080.jpg 
 昨晩、温暖な南紀の実家から帰神すると雪が降りだしました。

 一夜あけると、うっすらと積もっています。

 溜まった家事を終えたら11時、ちょっと地獄谷を歩いてこよう




■2013年1月28日晴れ/曇り/単独

■地獄谷~大滝まで往復



どっさり雪の裏六甲

19:03

1m15momizidani-046.jpg 13日の夜半から降りはじめた雪が14日も降り続き今年一番の積雪になった。

山はさぞかしとムズムズしながら15日に期待して我が家前の道路の雪掻きを頑張りました。

15日・・ソロで近場だと、ついのんびり構えてしまって家を出たのが10時。平日で遅い時間なので電車に乗っても登山姿の人はいないようだ...おや一人おられました(^^)

お天気は曇り空だが今年初の裏六甲どっさり雪を楽しもう~!

■2013年1月15日 曇り 単独

■六甲山 神戸市北区

■有馬温泉駅-紅葉谷-七曲り滝-紅葉谷-小川谷-逢山峡-我が家

ちょこっと凍結の地獄谷

18:18

2013年1月6日曇り時々雪/晴れ
 
 我が家10:40ー地獄谷ー東尾根ー我が家15:00

今年初めての地獄谷です。例年より冷え込みが緩い1月ですが沢の凍結はどうかな?

谷に入ると冬場にしては水量が多い。岩や枯れ枝が創りだす氷の造形を楽しみながら谷をつめていく。

水没した登山道                             この場所を巻きます
1m6zigokudani6.jpg       1m6zigokudani7.jpg 



第4堰堤にくると・・・堰堤横の道が水没して通れない。

こんな時は左の斜面を巻いて下りるのですが、ずるずる滑りそうで冷や冷やします。

この後も濡れた岩が凍っているので、いつもより注意しながら冬枯れで明るく感じる谷筋歩き。

時々、ガラガラっという落石の音が谷に響く。

斜面の岩は脆く凍結する冬場などによく崩れてきます。

いつもの場所でカップラーメンの昼食を摂り、さて何処から戻ろう。

シュライン道は1日に歩いたので久しぶりに東尾根を下りようか。

この時期に歩くと今まで気付かなかった獣道のような松茸採りの道?がよくわかる。

幾つかのアップダウンをこなすと南西側の展望がひろがり、我が家周辺の住宅地や丹生連山が一望。

でも同じ方向に下るので、どの場所でも同じ展望で少々飽きてきますが^^;

久しぶりに東尾根を歩いたが、なかなか歩きごたえのある尾根だなぁと鈍った足が呟いているようでした。 

薄氷が張り冬ならではの光景です。
1m6zigokudani8.jpg 

     氷の芸術・・・魚
1m6zigokudani2.jpg 1m6zigokudani9.jpg

氷の芸術・・ハートマーク
1m6zigokudani4.jpg 

一番よく凍る場所なんですが、ことしはまだまだ・・

1m6zigokudani12.jpg 
氷の茸
1m6zigokudani10.jpg 

いつもの場所で一休みしていたら雪がちらちら            東尾根からの眺望
1m6zigokudani3.jpg 1m6zigokudani5.jpg
 

干支の山歩き

15:20

2013年1月4日曇り/晴れ

有馬温泉ー魚屋道ー一軒茶屋ー黒岩谷東尾根ー土樋割峠ー蛇谷北山ー石の宝殿ー石の宝殿バス停ー阪急芦屋川駅

毎年恒例となっている干支の山歩きに2013年巳年は六甲の蛇谷北山に山仲間と歩いてきました。

大阪、奈良組の山仲間は阪急芦屋川~荒地山~雨が峠経由で土樋割峠です。

私は有馬温泉~魚屋道~一軒茶屋~黒岩尾根~土樋割峠と歩き、峠で合流する予定です。

                   魚屋道(ととや)                          最高峰北側の霧氷                     
2012-075.jpg    2012-081.jpg


炭ヶ谷~炭ヶ谷東尾根?~炭ヶ谷

12:57

2012年10月20日

我が家~石楠花谷入口~炭ヶ谷~関電道~三つ下谷との分岐~支尾根~炭ヶ谷~石楠花谷入口~我が家

今年はまだクロカワを収穫していないので違う場所に行ってみようと久しぶりに炭ヶ谷まで・・

山裾の道を歩いていると、かっこいいワンちゃんと散歩している方と出逢いワンちゃん話をしながら連れもていこら状態。時間が気になるが甲斐犬mixのワンちゃんが飼い主さんが不思議がるくらい懐いてくれて去りがたい。

性格がきついので知らない人に逢うと吠えるんですが珍しいですと飼い主さんが云われる。
久しぶりの犬の感触にちょっとうるうる。

舗装路終点でお二人?に別れを告げ山裾にある古道を抜け工事車両用道路から炭ヶ谷道へと。

しばらく進み赤い鉄塔プレートの場所から右に逸れて枝道に入る。

紅葉はこれからなので茸モードで歩きます(^^)

が、見事なくらい何にもなくて鉄塔場所でカップラーメンを食べながら歩くコースを考える。

この尾根を下ると谷上駅近くに出るので違う道を歩こう。

少し戻り分岐から三つ下谷への道を少し歩いてみる(茸探し)ありません。。。

また戻り尾根筋に入ります。途中は倒木で塞がれて不明瞭ですが登るほど体の深部から沸々と昂揚感が!

岩場が現れると青い空が拡がった・・・岩に座ってやれやれと一休み。

メインコースでは味わえない感覚にどっぷり浸る。

■ ここから右に入る

10m20sumigatani-018.jpg

よく踏まれた渋い道

10m20sumigatani-009.jpg


10m20sumigatani-011.jpg

支尾根を登る

10m20sumigatani-012.jpg

休憩場所にいい岩場



10m20sumigatani-013.jpg


本日唯一の展望・・・山田道周辺が望める
10m20sumigatani-014.jpg

しばらく進むと炭ヶ谷登山道に合流。細い木にテープが巻いてある。

10m20sumigatani-016.jpg

黒いクロカワはさっぱりでしたが、こんな綺麗な茸を見ました。

10m20sumigatani-021.jpg

アケビの実が鈴なり♪

10m20sumigatani-022.jpg

地獄谷

15:32

2012年10月21日

すっかり体が鈍ってしまっているのでちょこっと歩いてこようと地獄谷へ・・

我が家を出るときは西尾根廻りでと思っていたのですが・・

谷に入ってすぐに茸採りの小父さんと逢い茸の話に数十分(^^ゞ

香茸でる場所を教えてあげるというので道から逸れてウロウロ。

一本もありません。小父さん曰く、ここ2年でないねん。。。今年も不作ですね~

これ、昨日採ったんやで~とカメラの撮影画像を・・・なんと松茸9本!!ここは教えてくれません。

また来年探してみるねと小父さんと別れて谷を登っていき、水沿いに咲く大文字草を撮っていると

下山途中の方と逢い、またまた花の話で足が止まる。

灘区にお住まいで定年後は奥様に毎日お小遣い2000円をもらって六甲周辺を歩いているそうです。

なので裏六甲に出て表まで帰るのには交通費が痛いんですよとこぼしてました。

そんなこんなで時間が過ぎて気がつけば14時・・もう戻ろう~

なんか今日は歩いた時間よりお喋りしていた時間の方が長かったような^^;

本日の収穫はムラサキアブラシメジモドキ

10m21zigokudani-006.jpg


10m21zigokudani-026.jpg


10m21zigokudani-019.jpg


10m21zigokudani-039.jpg


逢ヶ山~仏谷

18:59

2012年9月23日曇り/小雨

我が家ー東山橋ー逢ヶ山ー仏谷峠ー仏谷ー逢山峡ー東山橋ー我が家

2ヶ月振りの山歩きです。お天気はあまりよくないが、やっと時間が空いたので近場の裏山歩きに・・

今日はてくてくと家から歩いていくので、いつもより早めにスタート。

と、いっても東山橋に10時。。。ゆっくりのんびりと九十九折りの道を登っていく。
 
ジャコウアゲハの幼虫が食事中

登るにつれヤマジノホトトギスの花があちこちに咲いている。もう秋なんだなぁと山に入って実感。

9m23hogayama-034.jpg 9m23hogayama-040.jpg 

桧植林もしっとりと靄がかかり、いつもと違う趣・・久しぶりの裏山に優しく包まれている感じ!

9m23hogayama-054.jpg 
見上げれば墨絵の世界

9m23hogayama-064.jpg 

靄のなか、浮き立つようにミカエリソウの花。見返って撮りました(^^)

9m23hogayama-070.jpg 

ツルニンジン・テイショウソウ・クサアジサイ・アキチョウジなど一年振りの花に嬉々とカメラを向ける。

9m23hogayama-103.jpg 9m23hogayama-107.jpg 9m23hogayama-121.jpg 

最後は、アクシバの鮮やかな小さな実を覗きこんでから、身も心もすっきりと帰路につく。

今度はいつ山に行けるかなぁ。。。

9m23hogayama-184.jpg

涼を求めて・・

12:52

2012年7月21日 晴れ 

暑いです 我が家はクーラーがないので天然クーラーの沢に逃避行。

夏休みに入ると家族連れや沢歩きグループで賑わう本流から逸れた谷に入ります。

ここ数日の大雨で水量も多く、水流に足を入れた途端にひんやり~

水をえた魚じゃないですが、この気持ちよさは「シアワセ」の一語に尽きますね(^^)


裏沢2

7m24utyoran-006.jpg

7m24utyoran-008.jpg 

7m21utyoran-166.jpg 

水沿いにヤマトウバナの涼しげな花が咲いています。

7m24utyoran-117.jpg 

樹液に群がる虫・・あっちいってよと小競り合いの一こまも(^^)    車に戻ったらクツワムシが「お帰り~」

7m24utyoran-001.jpg  7m24utyoran-134.jpg
 



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。