--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風後の丹生山系

14:10

8m19-1080.jpg 実家から戻り、ほっと一息ついた後の晴れ日に下見を兼ねて

 天が辻から沢筋を歩いてきました。

 大雨後なので少しは荒れているだろうとは予想していたものの・・・

 今までに見たことのない状況でした。







■2014年8月19日晴れ/4名途中から3名)

■天が辻~屏風川右俣出合ーB沢-C沢ー黒甲-鳴川上流-天保池-東鹿見山-黒甲-出合-鰻の手池-谷上駅




スポンサーサイト

しっとり紅葉鳴川

21:45

IMGP9830.jpg  石峯寺の紅葉を愛でた後は大好きな鳴川へ移動しました。

 

 カメラのバッテリーを充電してなかったので写真は控えめにして

 
 しっとりと彩られた水沿いで昼食にしましょう(^^)







2013年11月23日(土)晴れ/ 単独

丹生山系鳴川

石峯寺の紅葉

20:31

2012年11月19日

鳴川の帰りに淡河の石峯寺に立ち寄ってきました。

もみじの黄紅葉が山麓の古刹の境内を鮮やかに染めています。

境内ではカメラ撮影の方が数人、静かに紅葉を愛でながら思い思いに写真を撮っています・・・私もその一人かな^_^

11m19narukawa-144.jpg     11m19narukawa-227.jpg



どの方も「あの人だらけの京都まで行かんでも、ここで充分や」と云われるんですよ。
同感!!
近い!静か!綺麗!と三拍子揃っている場所なので毎年足を運び、変わり映えのない写真を撮ってはブログにペタペタ(^^ゞ
今年は昨年より落葉が早かったように感じます

11m19narukawa-235.jpg 

11m19narukawa-212.jpg 

11m19narukawa-188.jpg 

11m19narukawa-233.jpg 
太陽のスポットライトを浴びたジャンケン紅葉です・・・ちょっと無理っぽいかな(^^ゞ

11m19narukawa-236.jpg



晩秋の鳴川へ

16:40

 2012年11月19日晴れ

 鳴川中流までをピストン

大好きな晩秋の鳴川・・・ちょっと紅葉の見ごろには遅いかなと思いつつぶらっと歩きに行ってきました。

紅葉前線も里に降りてきており道中の長閑な山麓風景に目を奪われながら淡河(おうご)へと走る。

鳴河下降地点に10時30分。雨後なので水嵩が多いだろうなと久しぶりの長靴スタイル。

浅い場所を選んで渡渉するが滑ったら冷たいだろうなぁ。

水沿いを歩いているとハラハラと紅葉時雨がいい風情 

11m19narukawa-017.jpg 
 

11m19narukawa-022.jpg 
木々の間から太陽が射しこむ、この場所の二本の楓を毎年撮っています^^;

11m19narukawa-027.jpg 

渡渉したり左岸、右岸を歩いたりしながら東側へと廻りこむ地点まで

11m19narukawa-032.jpg 11m19narukawa-034.jpg

ここでお昼にしましょう。水の流れ、青空、渋い紅葉に囲まれた場所の岩に腰を下ろす。紅葉時雨が水面に舞い落ちる。

11m19narukawa-049.jpg 

岩のテーブルで3分待ってます^_^

11m19narukawa-053.jpg 11m19narukawa-072.jpg

11m19narukawa-098.jpg 

この辺りは鮮やかな赤色は少なく黄色~橙色のしっとり落ち着いた趣なので好きな場所の一つなんです。

11m19narukawa-101.jpg 
こんな小さな真っ赤な実が眼を楽しませてくれます・・・メギは花も実も可愛らしい。
11m19narukawa-081.jpg

昼食後はぐるりと廻らずに引き返す。12時・・・1時間ほど前より明るくて綺麗なぁ♪


11m19narukawa-102.jpg
 

コアジサイの黄葉がキラリと輝いている。この木も毎年撮ってるような ^^; 今年も綺麗ですよ~

11m19narukawa-119.jpg

この浮き石だらけの道だけが難点ですが鳴川はいつ訪れても心地良い場所だ。

11m19narukawa-128.jpg 

13時前に車に戻ったので石峯寺に立ち寄ってみよう。

雨後の鳴川へ・・

20:32

2012年6月17日(日)曇り

地域の溝掃除が終わったので、さて何処かぶらっと歩いてこようかな~

この蒸し暑さに体が楽ちんコースでと(^^ゞ

水辺で冷やしうどんを食べようかと鳴川に行ってきました。

雨後の鳴川が好きなんです。緩やかな流れは長靴歩きには丁度いい水量・・・鳥の囀り、しっとりと濡れた瑞々しい緑~

緩~となる空間♪  

緩~となりすぎてツルっと2回も滑ってしまった(>_<) 

遡行しているときに蛇一匹と遭遇しただけの静かな一歩きでした。

 
narukawa1 


narukawa2 
narukawa4

narukawa3
 
  
 
narukawa5 

narukawa6 

6m17sasayuri-139.jpg 

narukawa7


narukawa8 

narukawa9

narukawa10

しっとり彩る鳴川へ・・

20:18

2011年11月26日(土)晴れ/曇り

11月初めに歩けなくなった老犬の介護で、山になかなか行けない今日この頃。。

2~3時間は目を離しても大丈夫なようなので買い物帰りに鳴川にちょっと息抜きに・・

こんな状況の時は近場にぶらっと歩ける場所があるのは、ほんとうに有難い(^^)

淡河周辺の里山も、クヌギやコナラの橙色で彩られて秋の終焉を名残惜しむようなな美しさ。

長靴に履き換え鳴川へ降りると、クロモジとコアジサイの黄葉が真っ先に目に飛び込む。

ささくれがちだった気分が、す~っと和らいでいくような温もりあふれる色です。

時間があれば上流から天保池回りと歩きたいのだが、今日は無理なので途中で引き返しましょう。

緩やかな水辺を落葉踏み踏み、紅葉時雨にしんみり、射しこむ光で色鮮やかに谷間を染める雑木の黄紅葉にうっとり

小一時間ほどでしたが、とっても心地良いひと時だった♪

11m23narukawa-141.jpg 

11m23narukawa-111.jpg 

11m23narukawa-030.jpg 11m23narukawa-034.jpg

11m23narukawa-033.jpg 11m23narukawa-063.jpg 11m23narukawa-049.jpg

11m23narukawa-092.jpg

11m23narukawa-062.jpg



雨後の丹生山系

20:06

2011年5月24日(火)雨/曇り/晴れ

昨日からの雨がやっと止んだ仕事休みの日。ぶらっと何処かを歩こうか。
久しぶりに天が辻から黒甲越を歩いてこよう・・

家を出るころには青空が覗いてきた。でも今日は薄暗い谷筋歩きなんだよね。
11:05 昔から変わらない趣の道を天が辻へと・・多聞寺、屏風谷、鰻の手池と別れる分岐地点である天が辻から北へと下り谷筋に降りていく 11:18

タカノツメの花           天が辻
5m24tengatuzi-002.jpg 5m24tengatuzi-005.jpg

5m24tengatuzi-007.jpg
谷間に降りる道にも水が流れおちている.

長靴履いてきたらよかったかなぁ。。。

渡渉して対岸に渡る場所にくると・・・うわ!凄い水量だ。ふくらはぎまでありそう。  







ここで、こんなに水嵩があるとは・・                    この斜面を登る
5m24tengatuzi-078.jpg  5m24tengatuzi-085.jpg
 
  戻って尾根筋を歩こうかと悩みながら、目の前の斜面を見ると・・・登れそうだ。

 多分、尾根筋の丹生山縦走路に出るはずと道無き斜面を木を 掴みながら登っていくと・・ 
  古い赤テープ発見! ちょっぴりワクワク^_^

5m24tengatuzi-014.jpg 
 

登るにつれ雑木が密集し、ヒサカキの枝をかき分けながら進むと、緩やかになり縦走路に飛び出す。

▼ここに出ました。 素朴な里山風情の丹生山縦走路
5m24tengatuzi-016.jpg 5m24tengatuzi-018.jpg


丹生山系は何本もの古い枝道が錯綜しています。
縦走路を歩いている間にも何本もの枝道がある。尾根あり谷ありの迷路のようだが、また一本一本と辿ってみたい。

鰻の手池を過ぎ分岐地点で、さて何処から我が家に戻ろうか。
八多から五社か、谷上・箕谷経由と迷うが、電車に乗らずにすむ黒甲越東道から天が辻までいくことに・・
結局、逆廻りになっただけ^^;

5m24tengatuzi-050.jpg 5m24tengatuzi-056.jpg

カマツカの白い花が目に眩い

5m24tengatuzi-040.jpg


4か所の渡渉の度に靴を脱いで裸足で渡り、また靴を履くという何ともめんどくさい事を繰り返しながら谷間を巡っていく。

5m24tengatuzi-073.jpg 5m24tengatuzi-077.jpg

やっと出合に戻り、ほっと一休みする場所にギンランが石で保護されていた。守られてよかったね^_^
5m24tengatuzi-065.jpg 5m24tengatuzi-068.jpg

唯一、出逢った生き物・・アリとトンボ       天ヶ辻から戻りすがらに眺める山麓風景。
             
5m24tengatuzi-046.jpg 5m24tengatuzi-091.jpg

山から降りると空には青空が拡がっていた。数時間振りの青空♪

新緑萌える鳴川

21:32

2011年5月4日晴れ

遠出する気力もないので、ぶらっと近場歩きでもと家をでる。

数十分後には新緑萌え萌えの谷筋で、ぼ~っと木々を仰ぎみていました^_^

この谷に降りると、なんとも心地よい感覚に包まれる。

ありふれた表現しかできないですが癒しの空間です。

5m4narukawa-126.jpg

5m4narukawa-214.jpg 5m4narukawa-207.jpg

5m4narukawa-321.jpg 5m4narukawa-199.jpg

シロバナウンゼンツツジが満開~

5m4narukawa-165.jpg


水面を彩る山桜とアギスミレ

5m4narukawa-267.jpg 5m4narukawa-323.jpg


帰路はいつもの天保池に立ち寄って・・

5m4narukawa-339.jpg

おたまじゃくしの遊泳を眺めて・・

5m4narukawa-344.jpg 

山蕗を摘み、コシアブラを採りながら戻る。

春の鳴川歩き

14:29

2011年4月19日(火)雨/晴れ時々小雨/雨

今日は天が辻から丹生山系を歩くつもりだったのだが、雨が降っています。
やっと雨が止んだが風が強く寒い~はや意気消沈^^; 短時間で歩け雨が降っても気にならない鳴川にしよう。
冬場は足を運んでいなかった鳴川沿いも春めいてきているだろうなぁ。。。

淡河周辺も里山の春風景・・・菜の花、レンギョウ、山桜、田んぼにはレンゲの花・・・長閑
山桜@桜餅 帰りに「よかたん」で桜餅を買って帰ろう~

いつもの場所に駐車し長靴に履き換えて石ゴロゴロ道を進む(10:00)
谷筋に降り、緩やかな川沿いを歩くにつれ体と心も緩~~となっていくようだ。
まだ新緑に覆われるには早いようだが、滲みでるような若葉色が何ともいえない。

4m19narukawa-008.jpg  4m19narukawa-011.jpg

ツルアジサイの躍動感あふれる若葉
4m19narukawa-010.jpg 

水沿いを彩る楓の若葉
4m19narukawa-013.jpg  4m19narukawa-014.jpg

もうすぐ咲くね、トリガタハンショウヅルの蕾とクヌギ林の向こうに山桜と青空が覗く・・時々、小雨が降ったりと目まぐるしく変わる天気に一喜一憂・・
4m19narukawa-023.jpg  4m19narukawa-031.jpg

本流沿いは右岸、左岸と自然林のなかを歩きます。楓の新緑が輝いている。
4m19narukawa-052.jpg  4m19narukawa-079.jpg

古い炭焼き窯跡がいくつか点在する素朴な趣はいつ訪れても、ほっと和む。
明るい雑木林の縁でラーメンを作って昼食タイム。静かな山ん中で鳥の囀りが心地良いBGM。

予定では、上流を詰め黒甲越えの本道に出るつもりだったのですが、右手の木に隠れた古い赤テープが目に入る。
今まで気がつかなかったので興味深々・・多分、東鹿見山の鉄塔付近に出るはずと、未知の枝道に誘惑される。

道?は不明瞭だが境界杭を辿っていくと、支尾根登りになる・・本日初の登りに大汗! 今日は平行移動のはずだったんだけど。。。
登って、また登って、ドン!と下ると・・ドンピシャ!鉄塔手前の本道に出ました(こちら側から入る方がわかりやすい)
近道のような、おまけの登り下りだったような枝道でした(笑)

4m19narukawa-088.jpg  4m19narukawa-093.jpg

一旦、車道に出て天保池に向かいます。今日は右に降りず、左の道を進みます。いつきても静かな池の畔で、のんびりと一休み。
おや!珍しく鴨たちが泳いでいる。写真では小さくて判らないですが・・
4m19narukawa-096.jpg 

ここからコシアブラモードに・・・今年は遅いですね。まだ若葉がでていません。
タラの芽を採ったり、透明感が美しいナガバモミジバイチゴの花を撮ったりしながら駐車地に戻ると雨がポツポツ。
よかたんまで走る頃には本降りになってきました。
4m19narukawa-100.jpg  4m19narukawa-112.jpg

勝雄から砂岩尾根へ

21:02

■2010年11月23日
朝から北風が強く、なんか寒々しい勤労感謝の日。
たまには家でゆっくりしよう・・と思ってはいたのですが。
毎日、仕事にいく道すがら眺めている丹生山連山が、なんとも渋い柿色に色づいているんです。
山が呼んでる(笑)

楽ちんコースを、ちょこっと歩いてこようとカップラーメンとお茶をザックに入れて、淡河まで20分ほど車を走らせる。
勝雄不動滝入口の空き地に11時40分着。滝上部を登らずに下山の時に使う巻き道を尾根まで歩く。
砂岩尾根からは勝雄の集落が一望・・・北の方は、どんよりと灰色の雲が覆っている。

風があるので雲の流れもはやい。時折、青空が覗くと柿色の落ち着いた山肌がとてもいい色に♪
里山紅葉が映える一瞬に目を奪われながら、禿げ尾根(砂岩尾根)を緩々と歩く。
勝手に淡河アルプスと呼んでいる好きな場所を一人占め(^^)

右に仲良く並ぶ雌岡山・雄岡山の姿、正面にシビレ山~朝日山~と連なる山々を眺めながら昼食タイム。
ちょうど山麓から12時のサイレンが聞こえてきた。
まったりとした時間が流れる。心も体もゆる~

晴れたり曇ったりの天気のなか、小一時間を過ごして同じ道を戻る。
駐車地に13時。道の駅淡河で野菜を買い、大好きな豊助饅頭も買って我が家に戻る。

箕谷~淡河に抜けるR428は紅葉ロードでした。

▼R428から                            ▼淡河勝雄集落
11m23tanzyosan-001.jpg 11m23tanzyosan-009.jpg

砂岩尾根からシビレ山方面・・・右の鉄塔の左側ピークがシビレ山
11m23tanzyosan-004.jpg 11m23tanzyosan-008.jpg
11m23tanzyosan-015.jpg 11m23tanzyosan-017.jpg

ちょうどお昼時に青空が♪ 
11m23tanzyosan-027.jpg 11m23tanzyosan-031.jpg
300mくらいなのに高度感あふれ気持ちいい尾根
11m23tanzyosan-039.jpg 11m23tanzyosan-040.jpg 

下山前に,名残惜しむように振り返る。
11m23tanzyosan-045.jpg 11m23tanzyosan-061.jpg

■志久道~鳴川支流

14:30

9m19sikudo0062010年9月19日



澄み切った空が高い山日和なのに・・・エンジンかからず^_^;


買い物がてらに近場でも歩いて来ようか・・・


淡河の青少年自然公園に車を停め、大杣池の側を通り志久道に入る。


■衝原湖~義経道~丹生山~朝日山~点名対洞~衝原湖

17:40

9m12tanzyousan0592010年9月12日晴れ

あい変らず遅いスタートで近場山歩きに。

久しぶりの衝原湖は水位が随分と下がっている。

11時前に出発。暑いだろうなと思いきや、雑木のなかは気持ちいい風が吹く。いつもの場所にスズメウリの小さな白い花、、、丸っこい実が可愛いな♪

藪蚊攻撃をうけながら小さな花と格闘するが風にお手上げ。。。

猛暑のせいか楽しみにしていた花が少ない。なので、ゆっくり歩いて丹生山に12時前に着く。

大勢の登山者が昼食中でした。山の会で総勢57人だとか(+_+)

帝釈山~無動寺に下りるそうです。昼食後は帝釈山とシビレ山への分岐を左に進む。雑木林を抜ける風は秋の気配。


■天保池~鳴川

23:59

6m29narukawa067


■2010年6月29日(火)曇/晴


天気予報では曇/雨・・・昨日も帰宅が9時過ぎと遅かったので、はっきりしない梅雨空を眺めながら、今日は家でゆっくりしようかなぁと思ってはいたのですが。。。


家事を終え、ひと息つくと11時。おや晴れ模様になってきている。


そうだ!天保池で昼食にしようと家を出る。


途中のコンビニでおろしうどんを買い、淡河まで。 天保池に丁度12時10分着。畔の木陰に座り、静寂な池風景を眺めながら食べるうどんが、いと美味しい♪


モウセンゴケの小さな花が咲いている。トンボが一匹、傍の枝に止まった。時間も止まっているような静かなひと時。


■中山大杣池~野瀬大杣池

12:09

仕事休みだが天気もはっきりしなくて朝から愚図愚図^_^;

やっと重い腰をあげて、昼前に買い物がてらの散策歩きでもと家をでる。

いつも静かで、ぶらぶらと徘徊するにはもってこいの場所・・・中山大杣池周辺。

池の畔で冷やしうどんでも食べましょう(^^)

6m1oogo040■2010年6月1日(火)曇り


ちょっとだけ鳴川へ

10:52

 2009年12月2日(水)晴れ
お天気がいいので吉川まで野菜の買い出しに・・・
落ち着いた色の田園風景を楽しみながらのドライブです。

もう一つの目的は・・ちょっと寄り道(^.^)
長靴に履きかえて中山大杣池~鳴川をぶらっと散歩です。
今年は紅葉のいい時期に来れなかったけど、木々がすっかり落葉した谷間は、見上げる空の面積が広く、ふかっふかの落葉で足首まで埋もれる。

いつ来ても、ほお~っと心落ち着く場所・・・岩に腰かけて、ボ~~~ジジッと鳥の鳴き声
はらはらと舞い落ちる葉・・・里山も晩秋から初冬へと移り変わっています。

10:25

10月12日晴れ

 吸いこまれそうな青い空に白い雲
ぶらっと小一時間くらい歩いてこよう
青い空を眺めながらコーヒーを飲もうと淡河~天保池まで

駐車地から天保池まで約30分、、、誰もいない静かな池
青い空に白い雲がぽこぽこと浮かんでいる。水面にも♪ 二つの空だ(^.^)
★天保池


















小さな魚が泳ぐ空


















★中山大杣池で

鳥ともう一つの空
















さあ~帰ろう~























丹生山系

00:08

 9月16日晴れ
シルバーウイークとやらも仕事なので今日は山休(サンキュウ)です。
お昼前から、ぶらっと山へ。

コース=淡河~中山大杣池~志久峠~鳴川支流~淡河(約3時間)

いつ来ても静か
マンモスみたい♪
 
実りの秋~です。
ちょうど採りごろ
冷蔵庫に入れておきパカッと割れたら食べ頃(^.^)

10個ほど収穫できました。



枝?よ~く見ると目がある・・・???な虫

ワレモコウ、萩やススキと里の秋




丹生山系へ

23:04

8月最後の休日、、、山に入るとツクツクホウシとミイミイゼミが夏の終わりの合唱。
毎年、この時期は同じ山に同じ花を見たくて登っている。

尾根筋は心地よい涼風が吹きぬけて眼下には緑の田園風景が拡がる。
灌木越に展望する雌岡山、雄岡山
静かな落ち着いた風情のいい道。
シコクママコナの花が咲き乱れている
林床にポツンポツンと可愛いらしい花♪
ミヤマウズラ
アップで花を見ると・・・鳥のようなクリオネのような、とってもユーモラス(^^)

鳴川~天保池~中山大杣池

23:19

暑いなぁ~しんどいなぁ~と朝からダラ~~
昼頃になってやっと重い腰を上げる。。。。暑いので谷筋を歩いてこよう。
花も見たいし楽チンコースにしようと淡河まで車を走らす。

ここはいつも長靴歩きですが、暑い時期は蒸れ蒸れに・・・
沢を遡行したり登山道を歩いたりと緩やかな谷をうらうら歩き。

ツルアジサイが咲き終わっていたがテイカカズラが、あちこちに咲いていた。

テイカカズラ
優しげで落ち着く谷です。
ヤマアジサイの青が緑深い谷に映える。
水辺には小さなヤマトウバナ
天保池
モウセンゴケは蕾ばかりでしたがミミカキグサとホザキノミミカキグサが愛嬌一杯、咲いていました。
ヒメコウゾの赤い実

 





 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。