--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の晩夏の森

22:17

14日に行った時は下山後に雨でしたが、今回は到着時に雨・・・
車のなかで軽くパンを食べながら、雨があがるのを待つ。

久しぶりに雨具を着て、ガスで覆われた幽玄の森に入る。

雨後の色濃くなった林床で蕾だった花株が薄紫色の花を咲かせています。
こんな天気は森も花も、また違う趣・・・いいなぁ。

蕾だった小さな株が、ブナに寄り添うように咲いています。

こんな天気は森が活き活きしているよう
ブナ鹿の鼻先に宿り木の芽が・・・ちょび髭みたい(^^)
幽玄の森にレインウエアが鮮やか

大きな森の林床に小さなミヤマウズラがぽつぽつと、、、夏の終わりと秋の訪れを感じました。
スポンサーサイト

平瀬道から白山へ

20:21

一ヶ月以上も登山靴を履いていません・・・標高500m界隈から高度をあげていないんです。
諸事情で今夏は高山は無理だなぁ~と思ってはいたのですが・・・。
まだまだ煩悩を捨てきれず・・・仕事の都合で日帰りしか無理なので木曽駒か白山なら行けるかな?
月曜夜20時、車に山道具を積んで中国道~名神~東海北陸道をひたすら走る。
行き先は平瀬から入る大白川キャンプ場。
荘川IC手前のSAで仮眠し、4時前にICを出て大白川へ(夜間割引利用)

朝食を食べ5時30分に出発です。
睡眠時間2時間くらいだったので、ぼ~っとしたまま一歩二歩~ゆっくり登っていく。
石川県側からと比べると、このコースは静かで優しげな樹林帯・・・高度を上げるにつれ体がしゃきっとしてくる(^^)

白水湖を見下ろしながらブナ、ダケカンバの森林帯で、ほっと一息。
それにしてもブナに負けじと大きく枝を広げているダケカンバの大木が見事!
ブナ、ダケカンバ、ナナカマド、オオカメノキなどが色づく錦秋の頃は、すごいだろうなぁ。

■コブ隆々ダケカンバと白水湖
■キヌガサソウ
終りかけでしたが今年も見ることができました。
■タカネナデシコ
避難小屋を過ぎたあたりから花が多くなり、あちこちで同じスタイルが(^^)
■タカネマツムシソウ
三の峰や別山道を思い出した花畑
■大倉尾根~室堂へ
カンクラ雪渓を過ぎると室堂はもうすぐですが・・・
ハクサンコザクラとクロユリの花畑に、しばし足止め。
■湿地ではコシジオウレンの小さな白い花が咲いている
室堂小屋周辺は平日なのに沢山の人達で大賑わい。
さすがに花の山、白山ですね。
ガスがかかっているが御前峰まで登ってこよう。
イワギキョウとハクサンフウロ、クルマユリが頂上まで誘導してくれる(^^)
■イワギキョウ
■ガスで何も見えない御前峰



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。