--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■凍結した地獄谷

22:49

1m16zigokudani0252010年1月16日

ここ数日の寒波で我が家周辺も氷点下が続き、ストーブをガンガン焚いても、やっとこさ15度・・・寒~(>_<)

灯油の節約も兼ねて^^;地獄谷散歩に。

山に入ると家の中より暖かくかんじるから不思議です。歩くって省エネにもなります(笑)

スポンサーサイト

羽束山(524m)

23:38

 2010年1月13日
天気もいいので仕事前に近場の低山歩きです。
家を出るときは有馬の七曲の滝でも見に行こうと思っていたのだが・・・
ロープウエイPに着いたら、工事中で利用でないらしい。

仕方ない、、帰ろうと有馬を出るが、せっかくなので短時間で登れる山に行ってみよう
我が家とは逆方向に走り、三田の香下寺から羽束山に登ります。
そういえば数年ぶり・・・

参道の石段をゆっくりと登っていく。

■六丁峠
■羽束神社
■西側の展望場所で一休み
 
展望場所から…眼下に有馬富士
■遠くにうっすらと雌岡山と雄岡山の姿も
■北方向に小さく大船山。もっと小さく丹波の白髪山
2時間弱の低山歩き・・・やっぱり気持ちがいい♪

烏帽子山(909.2m)

20:05

■2009年1月9日晴れ
今日で帰神するのですが天気もよさそうなので、ちょっと寄り道していきます。
ワカンとアイゼンも積んできているので、台高辺りでも思っていたのですが寝過ごしちゃいました^^;

実家を出たのが8時過ぎ。。。42号線を走りながら、何処にしよう
登山口に着く時間を考えると烏帽子山かな~と那智方面に向かい、曼荼羅の郷Pに駐車して、陰陽の滝経由で登っていきます。

数年前に来た時より、道標が新しくつけられて歩きやすくなっています。
杉林の間を縫う谷間は羊歯類が豊富で、南紀の山らしく緑が濃い。
数回、渡渉して斜面を登ると林道に出る。上部からホラ貝の音が聞こえてきた。

出逢った人は山伏装束の男性2名。やっぱり那智の山やわ(^.^)
那智四十八滝を廻られているそうです。

林道から山頂まで30分と書いてあるが、この間が一番きつかった。。。
やっと山頂に到着。展望できる場所に座って、カップラーメンの昼食。
遠くに雪を被った山が見える・・・北東方向なので大台周辺かな?

■陰陽の滝

羊歯が茂る道に入る。

千両があちこちに

烏帽子岩が見える

烏帽子山山頂(一等三角点)ちょうど12時

山頂からの展望

昼食後に帽子岩に登ってみる。
ヤッホ~と雄たけびを上げたくなるくらい気持ちいい~\(^o^)/
テラス状の岩場に座って、展望を思いのままに役の行者気分を味わう。

帽子岩(役の行者が残していった帽子が、岩になったと伝えられる岩)

帽子岩からの展望

できれば三の滝~二の滝と那智原生林を下山したいのですが、時間がありません。
元の道を下りて14時過ぎに駐車場に戻る。
熊野川~日高川沿いを走り、有田ICから阪和道~湾岸道路経由で我が家に20時帰宅する(疲れた~)


南紀にて

15:17

■2010年1月8日
6日から南紀の実家に帰省していました。
こちらは真冬というのを忘れそうなくらい暖かいです・・・と、思っているのは私だけのようで皆は寒い~と(笑)

8日に早起きして荒船海岸まで・・・こんな早うから何処いくん?と言われながら家を出ます。
今まで数回、帰省する度に見に行ったのですが、なかなかタイミングよく海霧が発生してくれませんでした。さて今日はどうかな~?

古座辺りにくると、海面に霧が発生している♪三度目の何とかで期待が膨らむ。
荒船海岸に日の出前に着く。いつもながらカメラマンがズラ~っと並んでいます。
海霧発生!なんと幻想的なんだろう~。
ファインダーを覗きながら、綺麗。。。凄い!。。。と何度も呟く。

雲間から差し込む朝陽で乳白色から鮮やかな色へと変わる様に目が釘付けです。

■真冬の自然現象・・・海霧

数十分後、太陽も高くなり明るくなってきました。
素晴らしいシーンを見て、ほこほことした気持ちになって帰る道すがらにも、こんな光景が拡がっていました。

車を何処に停めようと探しながら走り、何とか駐車できる場所を見つけて車道越しにパチリ^^;
いいタイミングで漁船が一艘。

■冬の朝



新年おめでとうございます

10:20

2010年寅 本年もよろしくお願いいたします。

やっとPCの開き初め・・・新年早々から写真が溜まって先が思いやられます^^;

毎年恒例にしている初日の出登山。予報では期待薄ですが、霧氷もみれるかもと
我が家を5時40分に出て、真っ暗なシュライン道を登ります。
ヘッドランプに照らされて落ち葉の霜がキラキラと光り、まるで宝石のよう

周囲を見回すと、ちと怖いので足元だけ見ながらもくもくと歩く。
はく息が真っ白!
西にお月さんが・・・漆黒の空に凛と輝いて神々しい。

いっぱい着こんでるので汗ばんでくる。帽子をとって歩いていると髪の毛が凍ってバリバリに!
きっと山姥みたいかもと一人で苦笑い(^^ゞ

記念碑台に7時着。今年は少ない人出で10数人くらいがご来光を待っているが、空はどんよりと雲で覆われて、かすかな光が雲間から漏れるだけ。
このまま戻ろうかと迷ったが、あまり風もきつくなかったので極楽茶屋跡まで歩く。

こちらの方の霧氷を期待していたが風の向きが違うのか、歩くほど少なくなる。
宝塚を4時に出て、最高峰~と歩いてきたという男性と新年のご挨拶。

小川谷と紅葉谷どっちを下りようか迷ったが、ついでに七曲の滝を見て行こうと紅葉谷を下りる。
雪の無い紅葉谷って、ちょっと淋しいなぁ

霧氷もうっすら、ご来光もうっすら

ボタンズルのそう果の霧氷

七曲の滝も凍り始めていた 
下山後に、ぶらりと温泉寺に初詣で。
今年も何とか元気に裏山歩きからスタートできたことに感謝です。

















 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。