--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝雄から砂岩尾根へ

21:02

■2010年11月23日
朝から北風が強く、なんか寒々しい勤労感謝の日。
たまには家でゆっくりしよう・・と思ってはいたのですが。
毎日、仕事にいく道すがら眺めている丹生山連山が、なんとも渋い柿色に色づいているんです。
山が呼んでる(笑)

楽ちんコースを、ちょこっと歩いてこようとカップラーメンとお茶をザックに入れて、淡河まで20分ほど車を走らせる。
勝雄不動滝入口の空き地に11時40分着。滝上部を登らずに下山の時に使う巻き道を尾根まで歩く。
砂岩尾根からは勝雄の集落が一望・・・北の方は、どんよりと灰色の雲が覆っている。

風があるので雲の流れもはやい。時折、青空が覗くと柿色の落ち着いた山肌がとてもいい色に♪
里山紅葉が映える一瞬に目を奪われながら、禿げ尾根(砂岩尾根)を緩々と歩く。
勝手に淡河アルプスと呼んでいる好きな場所を一人占め(^^)

右に仲良く並ぶ雌岡山・雄岡山の姿、正面にシビレ山~朝日山~と連なる山々を眺めながら昼食タイム。
ちょうど山麓から12時のサイレンが聞こえてきた。
まったりとした時間が流れる。心も体もゆる~

晴れたり曇ったりの天気のなか、小一時間を過ごして同じ道を戻る。
駐車地に13時。道の駅淡河で野菜を買い、大好きな豊助饅頭も買って我が家に戻る。

箕谷~淡河に抜けるR428は紅葉ロードでした。

▼R428から                            ▼淡河勝雄集落
11m23tanzyosan-001.jpg 11m23tanzyosan-009.jpg

砂岩尾根からシビレ山方面・・・右の鉄塔の左側ピークがシビレ山
11m23tanzyosan-004.jpg 11m23tanzyosan-008.jpg
11m23tanzyosan-015.jpg 11m23tanzyosan-017.jpg

ちょうどお昼時に青空が♪ 
11m23tanzyosan-027.jpg 11m23tanzyosan-031.jpg
300mくらいなのに高度感あふれ気持ちいい尾根
11m23tanzyosan-039.jpg 11m23tanzyosan-040.jpg 

下山前に,名残惜しむように振り返る。
11m23tanzyosan-045.jpg 11m23tanzyosan-061.jpg
スポンサーサイト

森林植物園の紅葉

20:02

■2010年11月21日晴れ
地獄谷から穂高湖~ツエンティクロス経由で森林植物園に立ち寄ってきました(通り抜けたというのかも)
14時過ぎに入園したのですが、休日の好天気と重なって人・人・人で溢れています。
園内の楓林は午後の陽ざしを浴びて、赤・黄と色鮮やか!

綺麗ね~♪あちこちで感嘆の声が飛び交う六甲山中の錦秋の空間・・・六甲の11月を彩る風物詩。
やっぱり今年も園内の同じ場所で変わり映えのない写真を・・^^;
紅葉紅葉 

紅葉 紅葉
紅葉 紅葉

紅葉

紅葉 

可愛いモデル

長谷池

石峯寺の紅葉

19:28

■2010年11月16日
冷え込んでいるがお天気のいい仕事休みの今日・・・実家に帰省する準備で山にいけない。
あの道、あの林と裏六甲の秋色がちらちらと頭をよぎるが、来週の楽しみにしよう。

吉川まで新米を買いにいくがてら石峯寺に立ち寄ってみた。
境内には楓が多く、紅葉の季節は淡河の古刹も京都に負けてません(^^)

見頃にはちょっと早かったかな・・・周囲の丹生連山もいい色になってきています。
これから寒い冬がくるまで低山の黄紅葉が楽しめますね。

11m16syakubuzi-007.jpg
11m16syakubuzi-008.jpg 11m16syakubuzi-032.jpg

11m16syakubuzi-022.jpg 
11m16syakubuzi-048.jpg


大甲山

14:42

■2010年11月9日曇り/霰/晴れ
■野尻登山口~p694~p871~大甲山(1035.3m)~荒尾山(1108m)~p871~林道~登山口
日曜に行ってみようと思っていた宍粟の大甲山、雑用のため今日になりましたが、北部の方はあまり良い天気じゃないみたい。
でも山の紅葉は見頃だろうと7時前に我が家を出て中国道を西に走る。
山崎ICを降りると平日なので少し渋滞、29号線を鳥取方面に向かうほど行き交う車が少なくなってきた。

29号線沿いにある野尻バス停を左折、集落を抜けると獣避けのフェンスが設置されているので扉を開けて林道に入る。

ぐんぐん高度を上げて進んでいくと分岐の右側が林道工事中・・山腹を削る林道工事を見ると何か複雑な気持ちに。
林道を左に曲がると東側の展望が開けて前方の山々がよく見える。斜面の黄紅葉もすごく綺麗です。
路肩に駐車し、さぁ出発という頃に灰色の雲が空を覆う・・・不安定な空模様です。

▼登山口(9:00)                                 ▼自然林の急斜面を登ると露岩混じりの尾根に

登山口 尾根

▼渋い風情のコナラ林の斜面を登ると           ▼斉木からの道と合流する
尾根 斉木との分岐

北側斜面の自然林は、しみじみと眺めていたいくらい素晴らしい秋風景。

11m9ogosan-028.jpg 11m9ogosan-030.jpg

風が強く、落ち葉が舞う山ん中を落葉を踏む音と熊鈴の音だけを耳にしながら、ふかふかの落葉斜面を登っていく。
暗くなってきたなと思ったら霰が降りだしてきた。こんな時、一人だと裏淋しい。。。
でも霰も風も気にならなくなるほど、周囲の落ち着いた彩りに目を奪われる。

11m9ogosan-034.jpg 11m9ogosan-043.jpg

広い尾根を登りきると大甲山と荒尾山との分岐地点にでる。案内板もあって判りやすい。
ここから2分ほどで大甲山山頂です。(10:12)

11m9ogosan-047.jpg 11m9ogosan-053.jpg

南~西側が開けていますが、生憎の天気でどんより^^;
▼大甲山山頂(1035.3m)真っ赤なツツジの紅葉に、ちょっとだけ温もりを感じたがじっと立っていると寒い。。。

11m9ogosan-054.jpg 11m9ogosan-055.jpg
天気が悪いので、このまま下りようかと迷ったが・・・荒尾山まで30分と書いてあったので行ってみようと西へと進む。
こちら側の北斜面はブナが多くていちだんといい趣、ここもいいなぁ~♪
荒尾山の斜面は赤い色が引き立って綺麗です。

11m9ogosan-064.jpg 11m9ogosan-069.jpg
荒尾山山頂(1108m)10:40
植松山への稜線が続いています。南側に鳥ヶ乢からの道・・・いつかトリガタワからも登ってみたいなぁ
霰が降り続くので、ゆっくり休憩していると体が冷えてくる。道の駅で買った巻きずしを、そそくさと食べて下山にかかる。
荒尾山山頂 

落葉斜面の下りは早い(^^)おや、、、青空が覗いてる。登るときより心なしか山んなかも明るくなってきてるよう
早く下りるの勿体ないなと思うが、熊さん怖い。。。
同じ場所を戻っているのに光線の加減で、また違う雰囲気が味わえます。

11m9ogosan-079.jpg 11m9ogosan-083.jpg
樹々の間から虹~\(^o^)/(写真では判りづらいですね)

11m9ogosan-093.jpg 
お日さまが顔を出すと黄葉がひときわ映えてきます。
11m9ogosan-102.jpg 11m9ogosan-105.jpg

こんな素朴な尾根をカサコソと歩く
11m9ogosan-106.jpg 
登山口に12時03分に戻る。朝とは、うってかわって青空が広がっています。
林道から・・・今日一番の展望でした(笑)
11m9ogosan-119.jpg

五波峠~権蔵坂~櫃倉谷~横山峠~須後

22:23

■2010年11月3日(水)
小春日和の文化の日、京都府と福井県を隔てる若丹国境尾根から京都美山側へ。
とても好きな場所で2年前にHちゃんと歩いた同じコースです・・・今日は7名で賑やかに彩りはじめた尾根~谷と歩きます。

須後に3台が集合し、一台を須後に置き2台に分乗して五波峠へと移動します。
峠には9時30分を過ぎていたので路肩には数台の先着車。八ヶ峰かな?
長靴に履き換えて、黄紅葉がはじまりかけた尾根を緩々と登っていくが、newの長靴がちと大きかったみたい^_^;

落葉が覆う、たおやかな斜面・・・季節が違っても同じ場所で佇んでしまう。
若丹国境尾根

お日さまは時折、素晴らしい演出をしてくれます。
紅葉 鮮やか

ツキヨタケも堂々と・・
ツキヨタケ


▼青い空に、ふわふわとクジラ雲      ▼中山谷山周辺の斜面がいい色♪

クジラ雲 中山谷山の斜面

▼青葉山の双耳峰の姿が見える       ▼八ヶ峰が指呼の距離
青葉山遠望 八ヶ峰遠望

▼権蔵坂から櫃倉谷上流を辿る・・・しっとりとした風情が体の奥まで沁みこんでくるようで心地よい
櫃倉谷上流 櫃倉谷

▼両側の斜面が緩やかに流れ落ちる好きな場所   ▼谷を彩る黄葉
櫃倉谷 11m3asyu-048.jpg

朽ちた木に茸の栗ちゃん・・・ ぽってりお腹に可愛い幼菌も(^^)
クリタケ ぽっこり茸腹 

                           ▼渋い黄葉の大栃
 
11m3asyu-063.jpg 栃の木

谷沿いが見事な黄紅葉に染まるのは来週あたりでしょうか・・・

横山峠手前

オバタケダン

11:47

■2010年10月24日(日)曇り/雨

大及林道ー棚野坂登山口ー旧堀越峠ー棚野坂峠ーオバタケダン(729m)ー六地蔵ー堀越峠ー登山口

Mさん企画の若丹国境尾根に位置するオバタケダンを11名で京都美山側から歩いてきました。
オバタケダン?はてオバちゃんが登る山?・・・ぴったりやん(笑)
オバタは小畑かな~ダンは平らの呼び名のようです。

現地まで自車で行くので地図を見ると、堀越トンネル周辺なんですね。
無料の舞鶴若狭道~高浜IC~名田庄経由でいきましょう。

堀越トンネルを京都側に抜けるとすぐの左手に大及林道入口、はやSちゃん車が先着している。
大阪組が到着するまで川沿いを散策・・朝のひんやりとした空気が心地よい。

4台が合流した後、大及林道を(ガタガタ)棚野坂登山口まで入ります。
林道脇に小さな道標があり、落ち葉で埋もれた細い道を登っていく。
まだ色づきはじめの木々が落ち着いた風情です。

▼棚野坂登山口(9:22)            ▼棚野坂峠(10:00)
登山口 分岐 
峠からは歩きやすいトレイルが緩々と伸びています。まだ黄紅葉になる前のしっとりした風情を心地よく感じながら のんびりと足を進める。
尾根 斜面 
知井坂との分岐周辺も、いい風情。いつか知井坂から歩いてみたい。
緩やかに拡がる斜面を登りつめると前方が切り立ったオバタケダン山頂につく。 (10 :50)
知井坂との分岐 オバタケダン下 
▼山頂手前           ▼山頂では山仲間の素敵なサプライズ♪ Sちゃん、Yちゃん、おめでとう~
 
オバタケダン ケーキ入刀
オバタケダンからの展望
展望 
今にも雨になりそうな空模様、風を避けて山頂下でお昼休憩をすませて下山にかかる。 
山名プレート 10m24obatakedan-054.jpg
山腹を巻く古道はブナ混じりの樹林帯がとても素晴らしい・・・岩鏡の葉が斜面を覆い、目を上に転ずれば、うっすら黄葉の若いブナが立ち並ぶ。カサコソと落葉を踏む音、11名で歩いていても静けさが漂う道。
ブナ林 古道

帰路は六地蔵に立ち寄る。杉林のなかに六体のお地蔵さんが祀られています。
遠い昔、峠越えの人達を見守ってこられたお地蔵さん、今は登山者をほっと和ませてくれているようです。

▼説明板
案内板 六地蔵案内板
▼六地蔵(12:00)
六地蔵 
こんな木も・・・天然透かし彫りですね。
枯れ木 透かし彫り
林道に出ます。ガードレールの隙間から山仲間が覗く(^^)
道沿いの斜面に咲く竜胆の花・・・今日、初めて撮った花です。
林道へ りんどう

13時過ぎに駐車地に到着。下山時に小雨がぱらつく程度で、ゆっくり歩いても早い時間に下山できました。

下山後はMさん達6名で青葉山山麓にある北陸第一番札所中山寺に立ち寄りました。
仏フェチのMさん情報で御本尊、馬頭観世音(重要文化財)が三十三年目の御開帳とのこと、こんな機会で無かったら訪れることも無かったでしょう。

私達だけの貸切の見仏。本殿の慈悲深いお顔の馬頭観世音と対峙する、まったりと流れる時間。
山と仏像とで世俗の垢がすっきりと流されたようです(^^)

帰路の舞鶴若狭道では本降りに・・・愛車の汚れも雨で綺麗になってるわ(笑)
企画していただいたMさん、同行の皆さん、ありがとうございました。

▼中山寺:高浜和田海岸を背景に           ▼馬頭観世音像(フラッシュ無しで撮影許可済)
10m24obatakedan-110.jpg 馬頭観音坐像

野瀬大杣池周辺徘徊

09:15

■2010年11月7日雨/曇り
今朝は地域の大溝掃除の日、時雨れるなか終わったのが10時過ぎ・・・腰が痛い。。。
昼近くなってくると青い空が覗くようになったので、ちょっと近場をウロウロしてこよう。
淡河(おうご)まで走り、野瀬大杣池の方に向かいます。

歩きやすい道の周りはカマツカ・タカノツメなどが、いい色に色づいてきている。
今年の低山の黄紅葉は期待できそうですね。

▼色付きはじめた雑木          ▼野瀬大杣池 :この池の色はいつも入浴剤のような色。リンが強いのかな?                      
紅葉始まる 野瀬大杣池
池の横手から、昨年と同じ場所に入るが記憶があやふや・・・ここだったかなと記憶を探りながら進むが、やっぱり昨年と同じ場所で道を失う^_^;
多分、斜面を下りていくと鳴川上部に出ると思うのですが・・・
カマツカ、タカノツメ

帰路に火伏の神様を祀られている愛宕神社に立ち寄る。
愛宕神社 看板

ひっそりとした空間に・・・小さな千振の花がぽつぽつと咲いていました。
千振 千振

車道から・・淡河の長閑な田園風景

田んぼ風景


百丈岩~静ヶ池

18:02

■2010年10月19日
今日は休みモードで、のんびりしてたがお昼近くなってくると何処かへ行こうかな~と虫が^_^;
お弁当を買って山の上で食べよう。

11時過ぎに我が家を出て、12時をちょっと過ぎた頃には百丈岩の上でお昼御飯を食べていました。
風も無く、穏やかな天気なので展望を楽しみながら、の~んびり。 

▼60mの垂直岩壁:今日はクライマーの姿は見えない    ▼岩場から
 百丈岩百丈岩の上から
▼本日のランチ場所                          ▼北摂の山々の展望
岩場ランチ 展望 
 ▼百丈岩を上から眺める
百丈岩を上から 
明るい雑木のなかを通り、静かな静ヶ池へ
静が池への道 静ヶ池
静ヶ池
静が池

湿地帯ではスイランが咲いていた。彩りの少ない湿地に黄色が鮮やかに目に入る。
トンボが一匹枯れ枝に止まる。 今日出逢った唯一の生き物です(^^)
水蘭 トンボ
歩けることはありがたやと書かれた道標。ほんまやなぁ・・・今日も気持ち良く歩けてありがたや
谷筋の出口付近が工事中だったので、復路に三角点(292.2m)に立ち寄り、元の道を戻る。
道標 三角点

地獄谷~シュライン道~逢山峡

00:04

 ■2010年10月17日(日)
やっと遠出の疲れが取れたので、今日はのんびりと近場歩きです。
丹生山系屏風谷か裏六甲と迷ったが、やっぱり一番近い地獄谷に入ります。
大文字草が見頃でしょう。
地獄谷 大滝上部

▼沢淵に咲く大文字草
大文字草 

▼シラキがいち早く色づいている  ▼シュライン道
色付き シュライン道
▼シュライン道に色を添えるツワブキ  ▼凌雲台方面を遠望する
つわぶき 凌雲台遠望
雑木のなかに祠が点在するシュライン道
シュライン道 祠

シュライン道から車道を横切り、古寺山の鳥居を抜けて逢山峡へと林道を歩く。
この時期の林道沿いは秋の花があちらこちらに咲き、目を楽しませてくれる。

▼ヨシノアザミ  ▼ヨメナとナギナタコウジュ
ヨシノアザミ ナギナタコウジュ

花ばかり見て歩いていたので、ふと空を見上げれば・・・あらま!こんなに空が青かったんだ(^^)
逢山峡
ぶらぶらと歩いて、いつもの沢沿いで一休み。対岸に大文字草が咲いている。
ちと遠いのでレンズ交換し、よいしょとしゃがんだ時に・・・ゴン!ドボン!! ん??何か落ちたぞ?
レンズケースを見ると空っぽ。。。えらいこったと上から沢を覗きこみ、この水量じゃ探すの無理だなと帰りかけたが・・

やっぱり探してみようと岩づたいに下りてみる。水の落ち口なので何にも見えない。
思い切り右手を伸ばし水中を探ってみると・・手の先に何かがあたる。あった~!!
底では無く、ちょうど岩の上に引っかかっていたようです。
何とか引き揚げましたが、水浸しの物体と化していました(涙)

ぼとぼとのレンズを持って、トボトボと我が家に戻りました(-_-)
逢山峡

雨飾山:その2(下山編)

21:18

この頂に立つのは2度めになる。15年ほど前の5月残雪の季節に新潟側雨飾温泉から登り、雪を被る白馬連峰や戸隠連峰を飽きるほど眺めた遠い記憶が甦ります。
秋にもと思いながら、長い年月が過ぎ、ぎょうさん年を重ねて、やっと・・・

山頂で、ゆっくり過ぎるほど滞在した後は、続々と登ってくる人達と入れ違いに下山します。
登るときとは、うって変わって青空と山塊のパノラマが拡がり、何度も何度も立ち止まり振り返りしながら下りる。

▼稜線から荒菅沢を俯瞰する。                  ▼紅葉の奥に焼山が・・
荒菅沢俯瞰 紅葉と焼山  
     
▼右後方に朝日岳が、ちょこっと見える                       ▼どっしりと雨飾山山頂
右奥に朝日岳の姿 笹原から雨飾山 
10m10amakazari-193.jpg 笹原を下山

▼時折、流れるガスが醸しだすシーン              ▼眼下は輝いている
雲のカーテン 眼下に錦秋

▼ガレ場を降りて振り返りみると・・                   ▼秋色に彩られたフトン菱
がれ場 フトン菱

▼フトン菱と荒菅沢へと流れおちるような尾根の柔らかな陰影にしばし魅入る
フトン菱 
▼荒菅沢では往路では全く見えなかった景観が♪       ▼奥に歩いてきた笹平周辺が・・・また戻りたい(笑)
荒菅沢から 荒菅沢から

▼荒菅沢から登りかえすと、そこには・・フトン菱を中心に息を飲むような素晴らしい絶景が拡がる。
絶景 
▼思わず「涸沢だ~」と呟くワタシ。今まで歩いてきた稜線、見事な錦繍の山肌、荒々しい岩肌と名残惜しむように眺める。
雨飾山南側遠望 
彩度が増したブナ林を登山口へと戻ります。
眩いほどの黄葉が青空に映えて、ぽかんと口を開けて見上げるワタシ(^^)
ブナ黄葉 
ブナ黄葉のグラデーションに囲まれて・・
ぶな

湿地帯に林立する古木に惹かれ「 いい木やなぁ。。」と、呟きながら写真を撮っていると通りかかった男性が嬉しそうに「いいでしょう~」と話かけてこられた。
雪解けの季節になると水芭蕉が湿地に咲き、木々の芽吹き色と格別の風情を味わえる場所だそうです。
また春にも訪れたいなと思いながら、先に着いているだろう仲間が待つ登山口まで戻る。
古木 
蕎麦処 下山後は小谷温泉内の露天風呂で汗を流し、Oさんの案内でランプが灯る蕎麦何処で美味しい蕎麦と天ぷら、田楽を頂き、秋山遠征を締めくくります。

帰路は睡魔と闘いながらの500k走行、我が家に日付が変わった1時過ぎに帰宅(バタンキュー)
同行の皆さん、お疲れ様でした。そして有難う~。



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。