--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳冬期の釈迦ヶ岳(二日目)

21:08

13日曇り

4時過ぎに目を覚まし、外の様子を覗きみると・・・寒!!風が強い。またシュラフに潜り込む。
この天気じゃ、日の出も無理なので後1時間ほど寝ることにします。
6時起床。どうやら雪は止んでくれたようで一安心。昨晩のモツ鍋の残りにお握りを入れて作った雑炊が、すごく美味しい。温かいものを頂くと元気がでますね。

8:00 軽食と飲み物だけをザックに入れて、ふかふか雪が覆う樹林帯を進む。
下山後には、テントの撤収や長い林道歩きがあるので時間をみて戻る予定です。

バージンスノーを踏みしめながら、やっと来れたんだ。。。柔らかな曲線を描く雪の稜線と樹氷。清冽な無垢のステージに感激もひとしお。
風の向きが変わってきているので青空が覗くかな~
2m12syaka-012.jpg 2m12syaka-020.jpg

     灰色の雲の奥にうっすら青色が・・静けさが漂い幻想的な趣です。
 
2m12syaka-024.jpg 2m12syaka-043.jpg

    もくもくと・・                          立ち枯れた木も生き返ったような冬化粧に見惚れるね
2m12syaka-044.jpg 2m12syaka-047.jpg

     念ずれば・・・大峰の神々が微笑んでくれました。もう言葉にならない。
2m12syaka-063.jpg 2m12syaka-076.jpg
2m12syaka-086.jpg 2m12syaka-104.jpg

    岩場のシンボルツリーと赤が青空に映える           釈迦は雲の中だが大日岳の姿が樹氷の奥に・・
2m12syaka-113.jpg 2m12syaka-123.jpg

     ただ心静かに対峙するだけ・・
2m12syaka-127.jpg 2m12syaka-135.jpg

   10:56 古田の森 軽く昼食を摂り小休憩。釈迦はあい変らず雲に隠れ姿を現してくれない。
 でも、ここまでで十分満足です。また、いつかの楽しみを抱いて4人がつけたトレースをなぞるように登山口へと引き返す。
2m12syaka-156.jpg 2m12syaka-164.jpg 
2m12syaka-169.jpg 2m12syaka-172.jpg 

また日和のいい日にお越しと青空と冬桜のような樹氷が見送ってくれる。
2m12syaka-186.jpg 2m12syaka-197.jpg 

13:00 峠の登山口。テントを撤収し、駐車地まで林道歩き。昨晩の雪で私達のトレースが消えている。
30~50センチは積っているだろう。吹き溜まりはそれ以上だ。これだけ積ると林道とはいえないね(^^)

振り返ると青い空に白く輝く七面山


2m12syaka-220.jpg 2m12syaka-222.jpg

15時50分 700m駐車地。あれ?車には雪が無い、風で飛ばされたのかな?
無事に下界に戻り、夢の湯でほっこり温もったあとはお疲れ様~とノンアルコールで乾杯。

Oさん夫婦とTちゃん、冬の釈迦の二日間ほんとうにお世話になりました。
この雪のように、どっさりの感謝です(^^)


 
スポンサーサイト

厳冬期の釈迦ヶ岳

12:10

厳しい厳冬期の釈迦ヶ岳は行ってみたいと思いつつも、あの長い林道が雪と落石で覆われている様を想像するだけで、ソロでは無理やわと断念していました・・・が。

山仲間のTちゃんとOさん夫婦が12~13日とテン泊で行くとのこと。行きたいなぁ、でも仕事やし。。。悶々^^;
急遽(無理やり)土曜に山休をもらい飛び入り参加させていただきました。ばたばたと金曜に準備にとりかかるが今日から雪模様の天気・・・明日は決行?
降雪で南阪奈道も阪和も通行止め、なんとか西名阪は大丈夫なようだ。決行です(^^)
一日目(12日)雪/曇り

12日早朝、我が家周辺も雪で真白です。中国道~近畿道~西名阪の柏原で降りると雪景色。
ここで、こんなに雪があるのは初めてかも。葛城辺りにくると二上山~葛城山が真っ白。
R168はところどころ凍結していたり圧雪された雪道で集合場所の夢の湯Pに着くまでスローペースの雪道運転。

夢の湯に8時ごろ着。奈良組が到着するまでパンを食べながら待つ間に吹雪いてきましたよ(>_<)
O車をここにデポし、裏人車で旭ダム~不動小屋谷林道を進むと轍がある。ちょびっと安心したのも束の間、あれれ!Uターンしてますやん。雪面のぽこぽこした凸部は落石の上に雪が積もっているのだろう。パンクしたら、えらいこっちゃです。

さて、何処まで進めるでしょうか?積雪量も落石も増えてきたので下りになる手前の広い場所に駐車する。
標高700m地点から1150mの不動小屋登山口まで標高差約450m、重装備の林道歩きは、しんどいぞ。
だんだんザックの重みが堪えてくるとプラソリを持ってきて、引っ張ったら良かったかな~なんて、しょうもない事ばかり頭に浮かぶ。

3時間ほど歩いて、やっと下の登山口着(13:10)軽くパンを食べたあと、新雪に覆われてルート不明瞭の植林帯に入る。
ジグザグにラッセルして進んでいくが、右が急斜面の嫌なトラバース、左の尾根は途中で岩に阻まれたため折り返して林道に戻る。ここで1時間強のロスタイムだが、この時点で峠の登山口で設営と決まり、雪が深くなった林道を1.5km(1時間30分)歩く。

15時40分 やっと到着!山歴最高記録の林道歩きだったが、ここまで来れただけで、しんどさと達成感を存分に味わえました(^^) お疲れ様~。さぁ今宵の宿場の用意をしましょう。
トイレ小屋の横に雪を踏み固めてテントを二張並べて設置します。1mほどの雪の壁とで上手く風避けになるようです。

当初はマイテントで一人寝る予定でしたが皆がめっちゃ!寒いよ~と・・
冬山テン泊は初めてだったので、一度体験してみたかったが、もつ鍋を囲んでいるうちに温もってきた4人用テントから氷室のようなテントによう移りませんでした^^;

カイロを体に数枚張り、シュラフ+シュラフカバーと4人の体温で快適な山の別荘・・・天気の回復を願いながらzzz
夜半に時々、風の音で目を覚ます。外はまるで洗礼のように吹き荒れている。うつらうつらしながら夜のうちに吹き荒んで朝にはおさまっておくれと願う釈迦の夜。
2m12syaka-002.jpg 2m12syaka-005.jpg

よく歩いたね~。記念すべき林道歩き(^^)
▼13日朝の写真です。
2m12syaka-007.jpg 

13日へと続く









どっさり雪の地獄谷

17:29

2011年2月16日晴れ

久しぶりの青空・・・ちょっと朝の裏山散歩に地獄谷へ。
谷に入ると月曜の雪が山んなかを真っ白に雪化粧。ふっかふか♪
今冬一番の積雪量です。

岩もすっかり雪で埋もれてもこもこ、長靴でズボズボと踏み抜いて歩くのが気持ちいい(^^)
キラキラと頭上から雪シャワーが降り注ぐ。
2m16zigokudani-055.jpg 2m16zigokudani-069.jpg
2m16zigokudani-016.jpg 2m16zigokudani-033.jpg
2m16zigokudani-076.jpg 2m16zigokudani-046.jpg

谷で一番大きなマンサクの木を見上げれば~青空~♪このまま詰めていきたいがタイムアウト。恨めしげに空を眺めながら戻る。

2m16zigokudani-050.jpg

大雪の山麓

17:52

昨晩は一日降り続いた雪で仕事から我が家に帰宅するまで4時間30分もかかってしまいました。
R428は全く車が進まず大渋滞、西廻りでと方向転換するが、ここも入った途端にストップ・・動かない(>_<)
積雪の多い北に向かう道は、何処もマヒ状態です。

六甲越えで帰ろうかと思ったが、新神戸トンネルの方が安心かもと東へと方向転換する。
が、スムーズに走れたのは3kくらい、またもや前に進まなくなった。
5時にトンネル入って、やっと抜けたのは7時30分。。。やれやれ

やっと我が家に着くと、今冬最高の積雪です。庭木がモンスターだ(^^)

15日のご近所風景です。 奥は丹生連山

2m15setubunso-002.jpg

無氷の台高へ・・

19:55

2011年2月6日晴れ時々曇り

 大又林道P(8:05)-明神平(10:15)-明神岳14:32)-ヒキウス平(12:04~12 :40)-大又林道P(15:34)
 
今冬は、まだ明神平を訪れていない・・林道状態も倒木などで終点まで、車では乗り入れ不可能だったようだ。
雪遊びに行きましょうの呼びかけに即、反応(^^) Mさんが前日に下見をしてくださり、倒木などが除去されて終点まで車が入れるようになっているとのことでアプローチは一安心です(感謝)

マナコ谷から入る案もありましたが、穏やかな天気になりそうなので少しロングコースになる大又から出発~
我が家を5時過ぎに出て、中国道~西名阪針ICと走り、榛原駅に2台が集合して大又に向かう。
林道も雪が無く走りやすい。数台が停まっている駐車地から先は、よく踏まれ締まった雪道です。

スノーシューをザックに付けて、さぁ~出発!!
雪山用に履いていた登山靴はソール張替で入院中、いつもの靴もソールがちびて滑りやすくなっているので今日は長靴だ。
皆、アイゼンを装着しましたが、登りは付けずに行きましょう。

周囲の木々は着雪も少なく、霧氷もなく、まるで3月のような感じです。
明神滝の上部からも無氷。。。風も無く立ち止まっても寒さを感じないくらいの天気だが、バリバリの樹氷が見れないのは、ちょっと残念^_^;

雪が重いのと、久々の雪山歩きで足が重たい。
明神平に着き、ふう~っと一息。Sさんから、お手製の干し柿を頂き一息つく(美味しい~)小屋周辺は雪が解け、斑模様。足跡模様が幾筋も付けられた雪面。こんなの初めてだ。
鼻水すすりながら、かじかみながらの寒さじゃないと真っ白な樹氷の世界は見れないんだなぁと、つくづく実感。

明神平からはスノーシューで明神岳~ヒキウス平を目指す。
こんな雪質はワカンの方が歩きやすいかもと思いながらも、沈んだ雪で覆われた樹林帯のなかを幾筋もトレースを付けて歩くのって楽しい~~♪ 春霞み?水蒸気?大峰の山々が霞んでいる。
2m6hikiusu-002.jpg 2m6hikiusu-009.jpg

踏み跡いろいろ(^^)
2m6hikiusu-030.jpg 2m6hikiusu-097.jpg

ブナとヒメシャラの木
2m6hikiusu-025.jpg 
myozin2m6.jpg  :2m6hikiusu-041.jpg
2m6hikiusu-042.jpg 2m6hikiusu-052.jpg

                       ピースの木(^^)
2m6hikiusu-044.jpg 

樹影が血管のようです。分岐から支尾根に入ると、一人二人の踏み跡だけになり、緩やかに拡がる樹林の間を縫ってヒキウス平へ・・
2m6hikiusu-054.jpg 2m6hikiusu-059.jpg

青い空をバックに絶景~♪
白い山肌に雪を落とした木々が影を映し、冬の狭間に早春の息吹を感じる穏やかなヒキウス平。

ちょうど12時過ぎ、お腹ぺこぺこです。この場所で寒さを感じないのって初めて・・気持ちいいねぇ~
昼食後は皆で集合写真を撮って、さぁ戻りましょう。
往時より、雪が緩んできています。
2m6hikiusu-064.jpg 2m6hikiusu-068.jpg

美しい樹影とブナの家族
2m6hikiusu-086.jpg 2m6hikiusu-088.jpg

霞む大峰の山々・・・右に大普賢岳
2m6hikiusu-095.jpg 

朝よりも雪が耕されている明神平。ぼこぼこで尻セードも途中停車ばかり^_^;
よく歩いたね~と空を見上げれば、ヤドリギ~
2m6hikiusu-099.jpg 2m6hikiusu-103.jpg


下山は早い~駐車地に15時34分に戻る。お疲れ様でした。



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。