--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文殊山

21:00

2011年4月10日晴れ

毎年、恒例になっている18切符花の山旅で福井県の文殊山(365m)に行ってきました。
昨年までは今庄の藤倉山に行っていたのですが、こちらの方が少し花の開花が早いようです。
JRの車窓から見える藤倉山の斜面は、まだ残雪に覆われていました。

さて、こちらの開花状況は?ですが、7日あたりから開花し始めたらしい。
18切符利用期限ぎりぎりの日曜は幸いにもお天気にも恵まれ、申し分ない花旅日和(^^)
電車なのでは、もちろん、おつまみにイカナゴとアオリイカの一夜干しも持っていこう。

まるで大人の遠足です~☆

大阪組2名・奈良組3名・神戸1名が敦賀行き快速に乗り合わせ、北陸線に乗り換えて北鯖江駅に10:36着。
駅から歩いて数分で北陸道の高架を潜り、橋立山コースの登山口に向かう。
登山口には酒清水という名水があり、地元の方が水を汲みに来られていました。

どちらから?奈良、大阪、神戸~(笑)きさくに声をかけてもらえて気持ちいいスタート。 
植林から雑木に変わってくると落葉床に春蘭があちこちに咲いている。
これが、ごく自然な里山の姿なんだなぁ。
 
  4m10monzyuyama-008.jpg


咲き始めた山桜の色が優しげ・・登りつめたら橋立山(216.3m)アベマキなどに囲まれた山頂です

4m10monzyuyama-021.jpg  4m10monzyuyama-033.jpg

主役のカタクリの出番前に目を惹かれた白と赤
オクチョウジザクラ?

4m10monzyuyama-042.jpg  4m10monzyuyama-158.jpg

進むにつれ、カタクリ街道に・・♪木々を仰いだり、しゃがみこんだり~なかなか進まない・・

4m10monzyuyama-163.jpg  4m10monzyuyama-192.jpg

緩々と歩を進めて、程なく奥の院(大汝山350.5m)・・正観世音菩薩が祀られています。

4m10monzyuyama-179.jpg  4m10monzyuyama-184.jpg

胎内くぐり・・・潜った後で説明板を読むと
4m10monzyuyama-188.jpg     4m10monzyuyama-190.jpg

登山道沿いにはベンチも設置されていて、花畑を眺めながらのお昼休憩をとる。が、いと美味しい~☆
まだまだ続くカタクリロード。。。もう満腹、大満足^_^

お昼頃には気温も上がってきて、花達はツンと反りかえっています。
文殊山(大文殊)に着くと、花まつりがおこなわれていて甘茶のおよばれ。
甘茶飴も・・・懐かしい甘さで美味しかったです。

山城跡からは北陸の山々の眺望がいいようですが、この日は霞がかかり白山がぼや~と見えただけ。
文殊支利菩薩が祀られている本堂にお参りして、下山にかかります。
地元の方から、旧道の方がいいよと教えてもらい、二上コース途中から左へ分かれる道を下山する。

4m10monzyuyama-135.jpg  4m10monzyuyama-227.jpg

  
4m10monzyuyama-226.jpg  4m10monzyuyama-243.jpg

こっちも凄い!一面のカタクリです。
4m10monzyuyama-253.jpg 

途中から半田コースへ・・・静かな、いい雰囲気の里山らしい道でした。林道沿いも色々な花が咲き、山肌に目を奪われながら里に降りる。

4m10monzyuyama-271.jpg  4m10monzyuyama-259.jpg

紅葉のような芽吹き色の奥に白山が♪
4m10monzyuyama-265.jpg 

トキワイカリソウとボタンネコノメ
4m10monzyuyama-214.jpg  4m10monzyuyama-269.jpg

初めて訪れた文殊山は、北陸の里山の素晴らしいところがギュッと詰まった山でした。
こんな裏山があったらいいなぁ(笑)

地元には、こんな言い伝えがあるそうです。

一回目は知恵を授かりに・・
2回目はお礼に・・三回以上いくと馬鹿になる・・

私は一回目なので知恵を授かったのかな(^^) 来年はお礼に行かなくっちゃ!

大人の遠足にご一緒していただいた皆さん、花の山旅とても楽しかったです。ありがとう

JR北鯖江-橋立山登山口-橋立山-文殊山-大文殊-JR大土呂駅
スポンサーサイト

春の鳴川歩き

14:29

2011年4月19日(火)雨/晴れ時々小雨/雨

今日は天が辻から丹生山系を歩くつもりだったのだが、雨が降っています。
やっと雨が止んだが風が強く寒い~はや意気消沈^^; 短時間で歩け雨が降っても気にならない鳴川にしよう。
冬場は足を運んでいなかった鳴川沿いも春めいてきているだろうなぁ。。。

淡河周辺も里山の春風景・・・菜の花、レンギョウ、山桜、田んぼにはレンゲの花・・・長閑
山桜@桜餅 帰りに「よかたん」で桜餅を買って帰ろう~

いつもの場所に駐車し長靴に履き換えて石ゴロゴロ道を進む(10:00)
谷筋に降り、緩やかな川沿いを歩くにつれ体と心も緩~~となっていくようだ。
まだ新緑に覆われるには早いようだが、滲みでるような若葉色が何ともいえない。

4m19narukawa-008.jpg  4m19narukawa-011.jpg

ツルアジサイの躍動感あふれる若葉
4m19narukawa-010.jpg 

水沿いを彩る楓の若葉
4m19narukawa-013.jpg  4m19narukawa-014.jpg

もうすぐ咲くね、トリガタハンショウヅルの蕾とクヌギ林の向こうに山桜と青空が覗く・・時々、小雨が降ったりと目まぐるしく変わる天気に一喜一憂・・
4m19narukawa-023.jpg  4m19narukawa-031.jpg

本流沿いは右岸、左岸と自然林のなかを歩きます。楓の新緑が輝いている。
4m19narukawa-052.jpg  4m19narukawa-079.jpg

古い炭焼き窯跡がいくつか点在する素朴な趣はいつ訪れても、ほっと和む。
明るい雑木林の縁でラーメンを作って昼食タイム。静かな山ん中で鳥の囀りが心地良いBGM。

予定では、上流を詰め黒甲越えの本道に出るつもりだったのですが、右手の木に隠れた古い赤テープが目に入る。
今まで気がつかなかったので興味深々・・多分、東鹿見山の鉄塔付近に出るはずと、未知の枝道に誘惑される。

道?は不明瞭だが境界杭を辿っていくと、支尾根登りになる・・本日初の登りに大汗! 今日は平行移動のはずだったんだけど。。。
登って、また登って、ドン!と下ると・・ドンピシャ!鉄塔手前の本道に出ました(こちら側から入る方がわかりやすい)
近道のような、おまけの登り下りだったような枝道でした(笑)

4m19narukawa-088.jpg  4m19narukawa-093.jpg

一旦、車道に出て天保池に向かいます。今日は右に降りず、左の道を進みます。いつきても静かな池の畔で、のんびりと一休み。
おや!珍しく鴨たちが泳いでいる。写真では小さくて判らないですが・・
4m19narukawa-096.jpg 

ここからコシアブラモードに・・・今年は遅いですね。まだ若葉がでていません。
タラの芽を採ったり、透明感が美しいナガバモミジバイチゴの花を撮ったりしながら駐車地に戻ると雨がポツポツ。
よかたんまで走る頃には本降りになってきました。
4m19narukawa-100.jpg  4m19narukawa-112.jpg

小金ヶ岳

12:23

2011年4月17日(日)晴れ

今日は絶好の山日和。ふぉふぉと笑いだした山々を眺めながら舞若道を走る。
ラジオから「今日はドライブ日和ですね~」と・・・はい!最高です(^_-)

丹南篠山口ICを降りて、まずはノンアルコールを調達する。小金ヶ岳稜線の岩場で春の山肌を、ぼぅ~っと眺めよう。
今日は、ヒカゲツツジが咲き誇る向山は大賑わいだろうなぁ ・・・
多紀連山は、もう少し遅れて咲きます。

時間が遅いので大乢(おおたわ)からピストンの軟弱歩き^^;
杉林を抜ける風が心地よい。尾根にでて小休止してるとトレイルランの男性が颯爽と駈けて行く。
黄色いアブラチャンが雪洞のように登山道沿いにたくさん咲いている。

岩場にでてタイム。爽やかな風に春の匂いを感じ、タムシバが彩る斜面を眺めながらの至福のひと時・・・極楽極楽(^^)
よいしょっと重い腰をあげて山頂に向かいます。今日の昼食はタケノコご飯です。
昼食後に小倉乢~八ヶ尾山への連なりを眺めていると、ちょっと途中まで行ってみようかと食指が動いたが登り返しがあるので止めます^^; 
そういえば数年前の八ヶ尾山でのダニには参ったなぁ。。。ヒカゲツツジが咲くころに、又、登ってみようかな。

復路もまたまた岩場で座っていると、三岳から縦走してこられた人達が登ってきたので入れ替わるように下山する。
駐車地に13時30分。帰路の途中にある鍔市ダムに立ち寄り、ダム奥の谷沿いをぶらぶら。
鍔市の水場にクリンソウを植えているのですが、一株くらいしか残っていないのが残念です。


▼火打岩から三岳を望む
4m17koganedake-001.jpg  4m17koganedake-003.jpg

いい眺め♪
4m17koganedake-014.jpg  4m17koganedake-012.jpg

タムシバ彩る斜面
4m17koganedake-051.jpg  4m17koganedake-068.jpg

杉の緑とタムシバの白が映える
4m17koganedake-071.jpg 

小金ヶ岳山頂を振り返って・・
4m17koganedake-072.jpg 

鍔市ダムで桜花見
4m17koganedake-114.jpg 


ナツトウダイとミヤマカタバミ
4m17koganedake-128.jpg  4m17koganedake-163.jpg

法師山

21:53

2011年3月11日(金)雪/曇り時々晴れ

南紀の実家から帰神する道すがらに法師山に登ってきました。
R311から鮎川線に入り百間山渓谷方面に走っていくと・・・板立峠に近づくにつれ吹雪に(>_<)
周囲はだんだん雪景色に。。登るのは無理かも。。。

登山口に10:30着。雪は止まない。あきらめて小守方面へ林道を走っていくと・・おっ!青空が見える!!
Uターンして再度、登山口へ戻る。

山ん中はうっすらと雪化粧。風が強く雲の流れが速いので回復に向かってくれるかな?
雪のなかに咲く梅花オウレンが可愛いなぁ。
二本松の場所から法師山の姿が見えるが、反射板が無くなり、何となくすっきりした感じ。

石楠花尾根に変わるとブナ林が近い。大塔山周辺はブナの南限になるようです。
一番好きな場所で一休み・・・芽吹き前のブナ混生林の向こうに百間山への尾根が連なる。
 
3m12nanki-050.jpg 3m12nanki-059.jpg

青空だ~~\(^o^)/
3m12nanki-064.jpg 

3m12nanki-070.jpg 3m12nanki-077.jpg

緩やかに拡がるブナ林。聞こえるのは風の音と落葉を踏む音だけ・・・静か
3m12nanki-090.jpg 

最後の一登りをこなして山頂へ。風が強いので写真だけ撮って山頂下のアンテナ跡地でお昼タイム。
風避けにもなり、入道山~百間山などが眺望でき、なかなか良いテラスです(^^)


    ☆ 法師山山頂 (1120.2m)12:20                          ☆入道山
3m12nanki-081.jpg 3m12nanki-080.jpg

    ☆大塔山                               ☆百間山への尾根
3m12nanki-082.jpg 3m12nanki-085.jpg

   アンテナ跡地のテラス                        乙女のしずく
3m12nanki-079.jpg 3m12nanki-155.jpg

下山時にはすっかり雪も融け、可愛らしく咲く花を撮りながら往路を戻る。
乙女のしずくで喉を潤し、乙女の湯で、ほっこりと温まった後、帰神するはずでしたが・・・
温泉に入ってる最中に大津波警報のサイレンが鳴り渡る。

この後、東北地方で大地震が起きたことを知った次第ですが、テレビを見ていないので詳しいことは判らない。携帯も繋がらない。海岸沿いを走る42号線が通行止めになるかもと聞き、本宮廻りで帰ることにしました。
が、なんだかんだで帰神したのが土曜になったのであります^^;


タムシバ咲く地獄谷

10:18

2011年4月7日晴れ

天気が崩れる前か、今朝は風が強い。山肌をタムシバが彩りはじめたので地獄谷へ朝散歩に・・
Kさん達が地獄谷~西尾根を歩きに来られるというので出逢うかなぁ。
いつもの裏道でクロモジなどを撮りながら沢沿いを詰めていく。

水の音、芽吹きはじめた木々、藪椿の葉が陽光で輝き、遠目から見ると白い花が咲いているようだ。
空を見上げれば・・タムシバの白が青いキャンバスに映えて綺麗です。
上を向いて歩こう~♪
4m7zigokudani-043.jpg 


4m7zigokudani-056.jpg 4m7zigokudani-062.jpg 
 
4m7zigokudani-065.jpg 4m7zigokudani-022.jpg


ハート形の雲(^o^)
4m7zigokudani-066.jpg


時間をみて戻っていると大滝の上部でKさん達と出逢う。ようこそ裏六甲へ(^^)
ご一緒できたらいいのですが、残念ながら仕事です(-_-)
皆さんと別れて、雑木林に春蘭の咲き具合をみにいくが・・・あれ?昨年までの株がほとんど無くなっている・・
また難を逃れた株を探しましょう。

里山徘徊の季節が巡ってきました。





 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。