--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰・釈迦ヶ岳へ・・

16:12

最近は南紀の実家と神戸の我が家を隔週で行ったりきたりの生活が続いています。

山側から海側へ・・・実家で4~5日を過ぎたころから裏六甲の山の空気が恋しくなってしまう今日この頃^^;

お魚は獲れとれで最高なんですが・・

7月17日、何とか天気がもちそうなので中国道~近畿道~西名阪と走り、釈迦ヶ岳に寄り道^_^

太尾登山口から釈迦山頂のピストン。下山後はR168~南下して実家には夕刻に着く予定です。

階段を登っていくとヒメシャラの落下花が足元に♪ 儚い一日花・・上を仰ぐと、零れんばかりに沢山の花。

ほっと心も体も癒される釈迦の森・・いつ訪れてもいい山だなぁ。

横着 バージョン第2弾です。

スポンサーサイト

癒しの森・・狼平へ

22:52

いつのまにやら9月に・・台風接近で大雨の音を聞きながら約2ヶ月前の山歩きをUPしました。

すっかり記憶も薄らいでしまったため、横着バージョンでスライド画像にしてみました。夏の想いでです。

 画質は右下で選べますが720pHDでは動作が遅くなる場合があるようです。


2011年7月10日(日)晴れ後雨

坪内林道終点弥山登山口~栃尾辻~狼平(ピストン)

9日夜、実家から神戸に戻りすがらオオヤマレンゲを見たいなとR42~R168をひた走る。

今宵の宿は満天の星が輝く「道の駅十津川郷」で車中泊です。

10日早朝、清々しい山間の道R53を走り坪内林道をゆっくりと登っていく。

ぐんぐん高度が上がり、バリゴヤの頭が望める登山口に着く。

7時過ぎ、エゾハルゼミの合唱が降り注ぐ古の森のなかへ。。。




古木やnurse logが織りなす太古の森・・・自然のパワーを貪欲に吸収するように何度も何度も足を停め、ぼ~っと佇みながら、緩々と歩を進めると水の音が聞こえてくる。

吊り橋を渡ると何組かの登山者が憩う狼平です。
草地に腰を下ろすといい匂いが漂ってきました。思わず「美味しそう~」
ご夫婦が少し早目のランチタイム中でした。

本日、初めての会話です^_^そして山上ランチまでご馳走になりました。
とっても素敵なご夫婦「hanasakuさん」有難うございました。

おかげで狼平でまったりのんびりと癒しの時間を楽しむ事ができて感謝でいっぱい。お腹もいっぱいに(*^_^*)

午後から雲行きが怪しくなってきたので数時間前に歩いた道を戻るのですが・・
朝とは違う趣があり、ふと気がつけば同じ場所で立ち止まりカメラを向けていた。

栃尾辻付近で雨が降り出し、雷鳴が聞こえてくるころには土砂降りの雨・・
車に戻り着替えた後、1週間ぶりの我が家への帰路につく。

秋色の森に想いを馳せながら・・



 最新記事 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。